【盛岡競馬/クラスターカップ2022予想】破綻がなさそうなJRA馬を狙います

おはようございます。

今日は盛岡競馬場でクラスターカップが行われます。今年のJBCが盛岡ということもあって、夏場にもかかわらずダンシングプリンスが出走してきました。コレでグッと層が厚くなった感じがあります。圧倒的1番人気かな?

クラスターカップ2022予想

◎④リメイク
○①ダンシングプリンス
▲⑬オーロラテソーロ

どう見積もっても上位3頭はJRA勢。順番だけ間違えなければ…という一戦。ですから破綻がなさそうな馬を上位に取ります。

今年の3歳ダート界はかなり層が厚いですね。先日のブリーダーズも3歳が勝ちましたし。④リメイクも将来有望の3歳馬。何といっても51キロで出られる利があまりに大きいですし、ダンシングプリンスとは5キロ差、ジャスティンにいたっては7キロ差。反則でしょのレベル。

ユニコーンS6着は完璧な競馬。最後の1Fでバタっと止まった内容を見ると、やっぱり距離は1200~1400mまで。新谷厩舎は地方遠征が活発な厩舎ですし、今回は鞍上に川田騎手を配してきました。自信の配置でしょう。どう考えても3は外しません。

ダンシングプリンスは国内外の重賞を3連勝中。前走の北海道スプリントはインが極端に死んでいた日で前半飛ばしてのハイペース。それでも何のそのの逃げ切りですから、これは畏れ入ったの一言。秋のJBCへ向けての試走と言えば試走なんですが、それでも負けちゃいけないメンツ。最近の盛岡は高速化が進んでいますから、馬場も合いますね。これも3は外さない。

オーロラテソーロは重賞では12、14着と苦しい競馬ですが、1600、1400mと距離が合わなかったことも確か。もう1200mベストははっきりしていますし、今回は待望の外枠をGET。モマれ弱いタイプですから、これは望外の僥倖。鞍上の鮫島克駿騎手もこの夏は一皮むけた感がありますしね。鞍上と枠パワーでこちらも3は外さないとみました。

ジャスティンは前走58.5キロで快勝していますから、58キロが堪えるということはなさそう。むしろ気になるのは右回り〔7-2-0-2〕に対して、左回りは〔0-0-0-6〕であること。4着までは来ていますが、3と4とでは大きく違いますよね。この僅かな差が適性だとも思うんですよね。

リュウノユキナは昨年圧勝で、その後もJBCスプリント5着が最低着順。ここでは能力上位ですが、今回は急遽村上忍騎手へ変更。コレがミソ。村上騎手は岩手を代表するジョッキーですが、個人的には「乗れる」と思ったことはありません。馬質で勝っているというイメージがもう何十年も拭えないですし、リュウノユキナって少し難しいところもあるんですよね。見ていると。外枠で無難な競馬をすると思いますが、おそらく今年のメンツはそれでは厳しい感じ。この手替わりは圧倒的マイナスとみます。

④の単勝、①④⑬の3連複1点。⑬オーロラがあまり売れないようだと、ここからワイドもアリ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク