【門別競馬/ブリーダーズゴールドジュニアカップ2022予想】

おつかれたまです。

今日の門別競馬最終は、2歳重賞のブリーダーズゴールドジュニアカップ。2歳馬の重賞は何があるかわかりませんからとにかく難解。そしてレース名がとにかく長い。

でもちょっとした楽しみもありまして、それは血統を見るっていうことですね。マインドユアビスケッツやインカンテーションの新種牡馬の産駒が出てきましたし、この血統でこの距離はどうなんだろう?とか考えるのは面白いですよね。なのでここは血統も加味して推していきます。

ブリーダーズゴールドジュニアカップ2022予想

◎⑧オーマイグッネス
○③ベルピット
▲⑤ディオスメッセージ
△⑪ユーアオンフリーク
△⑨エアポートライナー
△①ブライトカラー
△⑩ポリゴンウェイヴ

本命は⑧オーマイグッネス

前走は1700mで2着。③ベルピットには負けてしまいましたが、3着には6馬身差。少し早く抜け出す形となったぶん、いい目標になってしまったなという印象もありました。

父マクフィは短距離志向ですが、こちらは母が強い。東京プリンセス賞(ダ1800m)①着、ユキチャンが勝った関東オークスでも③着に入ったブライズメイトが母ですから、距離が延びていいタイプ。軽い馬場の方が合うという見立てのようですが、今の門別は差しがバンバン決まるようなタフ馬場ではないですからね。調教も動きましたから、逆転の可能性はあります。

対抗が③ベルピット。これはもう順当。単穴が⑤ディオスメッセージ。前走は出負けもありましたが、やはり1200mでは忙しかった印象も。フレッシュ快勝が1700mですから、元々はこの距離向き。母父ウイニングチケットはダービー馬ですが、種牡馬としては大成できませんでした。しかし母父に入って盛り返すというのはメジロマックイーンなんかもそうでしたね。たぶんこの馬もそう(だと願っています)。

△⑪ユーアオンフリークは母父が世紀末覇王のテイエムオペラオー。ウマ娘ユーザーなら耳にしたことがあるそのお名前も現実ではあまりお目にかからないと思います。なぜならこの馬もウイニングチケット同様、種牡馬としては大成できなかったから。しかしサドラーズウェルズから汲むその流れは、間違いなく底力の塊。こちらも母父として存在感を出してくるんじゃないかと睨んでいます。距離が延びて穴候補。

エアポートライナーはバンブーエール産駒。代表産駒はキャッスルトップですね。自身はスプリンターでしたが、実はJDD、ダービーグランプリ(ともに2000m)で2着がありました。古馬になると短距離馬へとシフトチェンジしましたが、産駒も3歳春ぐらいまでは中距離でも通用するんですよね。この馬もまだ距離が壁となることはありません。

距離が壁になるとすれば、おそらく①ブライトカラーと⑩ポリゴンウェイヴ。前者はマインドユアビスケッツ産駒ですが、この馬はスプリント路線中心に活躍した馬。産駒は気難しいタイプが多い印象もあり、ピリピリした感じはいかにも短距離の気性。後者はデビュー前に坂路で破格の時計を出していた馬。コルドゥアンの強襲にあった前走もちゃんと伸びていれば大丈夫だったはず。あそこからさらに500m延びてのプラスアルファは見込みづらいかなと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク