【盛岡競馬/マーキュリーカップ2022予想】バーデンヴァイラーの走るパターン

おはようございます。

今日はやけに色んなところで競馬があるんだなと思ったら、祝日なんですね。いま知りました。なるほど。

重賞は盛岡競馬場でマーキュリーカップ、そして名古屋競馬場で名港盃。今日はめちゃくそ寝たのでもう全部の競馬場やってやるぜの気持ちです。頑張ります。

マーキュリーカップ2022予想

◎⑧バーデンヴァイラー
○⑨ケイアイパープル
▲③ギガキング
△②テリオスベル
△⑩メイショウフンジン

本命は⑧バーデンヴァイラー

3連勝で挑んだアンタレスSが3番人気15着。これだけ見ると重賞の壁にあたったともいえますが、個人的には『デキがもうひとつ』だった気もしています。

その裏付けともいえるのが調教過程。この馬は調教もバリバリ動くタイプで、連勝を飾った12月は馬なりで栗東CWでラスト11秒台が出ていました。これが調子のバロメーター。

では前2走はどうだったかというと、2走前の総武Sでは長めから追ったこともありましたが、目一杯に追ってラスト12秒0。レースはノーステッキでサンダーブリッツに2馬身差でしたが、ハナを取り切って、12.7-12.1-13.1-13.4=513の平均ペース。本来ならもう少し千切れてもいい競馬だったとも言えます。そして前走のアンタレスSは、ラスト11秒4が出ましたが強めに追ってのもの。馬なりで軽く出していた時と比べるとやっぱり物足りなさは残りました。結果は言わずもがな。

ではでは今回はどうかというと・・・

出てるんですよねぇ。馬なりラスト11秒台が。

前走後すぐに立て直したことが見事にハマった感がありますねこれは。状態さえ整っていれば当然重賞でもやれる馬だと思いますし、姉が歴史的名牝のマルシュロレーヌ。父がドゥラメンテですから、スケールと言う点ではむしろこちらの方が上とも思えますから、ここはリスタートを決める舞台と見ます。

対抗が⑨ケイアイパープル。昨年8月に阿蘇Sを快勝後、佐賀記念1着を含む〔3-3-0-2〕。着外2回は5着ですから掲示板は一度も外していません。以前は外枠、外追走が絶対条件だった馬ですが、最近は鞍上が手の内に入れているとはいえ、内枠でも好走できるようになりました。これははっきりと成長とみていいでしょう。父パイロは地方馬場でより強いということは、帝王賞のメイショウハリオで証明済み。

単穴が③ギガキング。なかなか地方勢にとっては厳しい一戦ですが、今年は地方競馬の雄ともいえる南関東から実力、実績馬が大挙出走。川崎記念2着エルデュクラージュ、ダイオライト記念勝ち馬ノーヴァレンダもいますが、魅力一番はこの馬。盛岡では南部駒、ダービーグランプリの重賞2勝で2戦2勝。全8勝中7勝が左回りというサウスポーでもあります。絶好の並びと斤量54キロならJRA勢撃破も十分と見ました。

△はどちらかが逃げるだろうという読みで、②テリオスベルと⑩メイショウフンジン。どちらもハナに行ってこそですから、激しい競りもありそうですが、どちらも逃げればしぶとい馬。メイショウにいたっては驚異の2枚腰がありますからね。やはり怖い。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク