【川崎競馬/スパーキングレディーカップ2022予想】

おはようございまっす。

今日は川崎競馬場で、スパーキングレディーカップ。はっきり言って「いつも通りのメンツ」で予想も馬券もそれほどそそらないわけですが、まぁ重賞だから書きましょう。

1番人気は⑩ショウナンナデシコ。目下重賞3連破、前走のかしわ記念では強豪牡馬を一蹴と充実一途。今回は58キロを背負いますが、牝馬にしては骨量が豊富ですから斤量泣きすることもないでしょう。加えて後ろから差す馬でがなく、前に行って粘り込む馬に重ハンデはさして問題となりません。そもそもこのメンツでは言い訳なんてできません。いつものメンツなんだから。

サルサディオーネも同じ。こちらも今回は58キロを背負いますが、前走はJRA勢粉砕のさきたま杯。過去3年2、3、1着、今年も昨年と同じ絶好枠の1番枠。ポンとハナを取り切れば、そう簡単には止まらんですよね。ショウナンががりがり来るわけもないだろうし。

①と⑩で上位3席の2席はすでにリザーブ済。ここは残る1席をめぐる争い。

その可能性は②グランパラディーゾ、④レーヌブランシュ、⑧レディバグ、⑨キムケンドリームの4頭。

②はJRA3勝クラスを勝てずに大井へ移籍となりましたが、ミッドウェイ調整馬となった利は格段にデカイ。昨年3着グランデストラーダと同じような道筋。チャンスはあるでしょう。

④は衰えこそありませんが、正直鮮度は落ちてきたなと言う感触。来ても3着ですが、久々の今回は4~5着が妥当。

⑧は前走の栗東ステークスで強烈な追い込み。脚質に幅が出てきましたが、あの切れ味は1600mよりも1400m向きの感もあります。勝ちに行く競馬ではなく、結果「3取り」の競馬になれば。

⑨は前走軽ハンデでマーメイド挑戦でしたが、さすがに芝のスピード決着に泣いた形。ダートに戻して鞍上に笹川騎手。兄メイショウナルトは夏の小倉王者でしたから、もしかすると血統的には夏にヘコたれない可能性もあります。

ということで馬券は、3連①⑩-①⑧⑨番かな。前日オッズではレーヌ飛びならマイナスはなさそう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク