【大井競馬/帝王賞2022予想】南関東ではパワーアップのパイロなんです

おはようございます。

昨日の優駿スプリントはキマリましたね。◎プライルードは今回が3度目の◎。競馬はやっぱり諦めないで(真矢みき)ですね。惚れた馬は飽きるまで追いかけるべきということを再認識しました。そしてやっぱりエスポワールシチーはスゲー。

ブログアクセス数も現金なものでググググー!!とアップ(嬉しい)。いい流れで上半期の大一番、帝王賞へと繋げることができました。今日もやるしかないっしょということで頑張ります。

帝王賞2022予想

◎⑨メイショウハリオ
○⑧テーオーケインズ
▲②オメガパフューム
△⑤オーヴェルニュ
△⑥チュウワウィザード

昨年の勝ち馬テーオーケインズにとっては勝負付けが済んだ顔ぶれ。サウジカップはレースの流れに乗れませんでしたが、帰国緒戦の平安Sでは59キロを背負いながら「おいでおいで」の楽勝劇。57キロの今回は負ける要素がみつかりません。前走の内容なら2走ボケもないでしょうし、もとより叩き2戦目は〔2-0-0-0〕。もう無理!死角なし!普通に勝つでしょ!!

でもそれじゃあ面白くない。なんとかしてこじあけたい。あ、オカルトだけどあった。帝王賞は連覇がない

◎は⑨メイショウハリオ

チャンピオンズCではテーオーケインズから1秒4差離れた7着。さすがに実力差を感じさせましたが、個人的には初めてのGIで外を回りながらここまで詰めてきたことにむしろ驚かされました。そして平安Sでは確かに斤量差もありましたが、チャンピオンズCの1.4秒差が0.8秒差まで詰められたのです。これは確かな成長。

マーチSが押して押しての差し切りでしたから、おそらく距離は延びていいタイプ。そのあたりは父パイロが効いているのでしょう。パイロの一流馬は中距離ベストが持論。そしてパイロと言えば南関東血統。この舞台はベストのはず。

○が⑧テーオーケインズ。これはもう説明の必要がないですよね。普通なら負ける要素がない。◎メイショウとの母父マンハッタンカフェ決着でもOK。

▲が②オメガパフューム。引退撤回から臨んだ前走は、おそらく落とせない一戦だったはず。しかし終わってみればやっぱり強かったという競馬。59キロ、決して楽な展開ではない中を差し切ったわけですからね。この馬は面白くて、調整内容を見れば、状態の良し悪しが見えてくるんです。レースの1週前にCWで中身を作り、そして直前は坂路で息を整える。これがこの馬のパターンなんですが、昨年の帝王賞は直前にもう1本CWで追い切ったんですね。これは中身ができていない、体が太い、気合不足などの理由があったということ。そして結果は・・・言わずもがな。では今年の調整パターンは?そこは皆さんの手元にある新聞でチェックしてみて下さいねw

△が⑤オーヴェルニュ。昨年は7着敗退。それでも長距離輸送で体を減らさなかったこと、そしてナイター競馬の経験もできたことが大きかったと見ます。その後は少しピークを過ぎたのかなとも思える成績ですが、個人的には衰えよりも1800前後のスピード決着に対応できなくなってきたのかなと。母父タニノギムレットの父がブライアンズタイムですから、本質的には2000前後がいい気がします。母父ブライアンズタイムでは少し重いんですが、父-母父ブライアンズタイムのエスポワールシチーがよく走っていることを踏まえれば、血統構成も◎。

チュウワウィザードはドバイワールドカップ3着。実力は今更・・・ですが、この馬はスタートが遅いですし、久々はあまり動かないんですよね。昨年の帝王賞も期待ほど動けなかったですし、ローテー的にも嫌いたいなと。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク