【名古屋競馬/東海ダービー2022予想】今年も3冠馬誕生の予感ですね

おはようございます。

ダービーシリーズ1発目の九州ダービーは、イカニカンに栄冠は輝きました。イカニカンって・・・w

今日は名古屋競馬場で2発目となる東海ダービー。そして翌日は大井競馬場で東京ダービー。まだまだ終わりません。さらに翌日は園田競馬場で兵庫ダービー。バース、岡田、掛布のバックスクリーン3連発ぐらい素敵な3連発ですね。なのでまずここで当てておきたい。かったーい軸馬もいるしね。

東海ダービー2022予想

◎⑪タニノタビト
○⑫イイネイイネイイネ
△⑥ドミニク
△③シノジマニヨラサイ
△②コスモライデン
△①エムエスムーン

本命は⑪タニノタビト

2歳7月にJRA・村山厩舎からデビュー。父がオルフェーヴルで、母系はシラオキの系統でウオッカを輩出した一流の血筋。しかし競馬に行ってサッパリで、勝ち馬から4秒1離されたシンガリ負け。そしてその1戦で見切りをつけられ、サラブレットオークションへ。

すると翌8月には名古屋・角田厩舎からリスタート。2戦目で勝ち上がりましたが、しかし結局2歳時はこの1勝だけ。鞍上も固定しなかったですし、言ってみれば「フツーの馬」でした。

変化が訪れたのは4走前から。ここでチークピーシズを着用して3着→1着。そして前々走からチークをブリンカーに替えて、駿蹄賞を含む3連勝。ステイゴールド系は気性が激しいですから馬具が利くタイプが多いのですが、この馬もまさにソレ。

前走の駿蹄賞は内目のギリギリのラインを攻めた岡部騎手の手腕とも言えますが、それでも2着馬に2秒差はコース取りの差だけの問題ではありません。はっきりと力が違ったということ。この中間の調整を見ていると、軽め調整の馬もいる中、この馬は4本負荷をかけた追い切りを消化してきました。前走以上に中身の濃い調整を施せたわけですから、状態面は前走よりも上。そして再度外枠も当たりました。駿蹄賞から1か月、舞台も同じ。逆転される要素がひとつも見当たりません。

なのでここは相手探し。そしてタニノタビトがまたもやちぎる展開を予想すれば、狙いは前の馬より後ろから差し込んでくる馬。

対抗が⑫イイネイイネイイネ

前走はタニノよりも前の位置取りでしたが、まさかインから上がっていくとは思いもしなかったのでしょう。不意を突かれたという感じで、若干踏み遅れた感もありました。とはいっても、やっぱり2秒差を逆転するのは至難。今回は前か後ろかわかりませんが、いずれにしても2着までかなと思いますので、2着固定。

タニノは負けないが予想のスタートラインなので▲はなし。△にイイネイイネイイネには届かないけど末脚がしっかりしている⑥③②①を。

3連単⑪→⑫→①②③⑥番で。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク