【浦和競馬/さきたま杯2022予想】

おはようございます。とこ穴です。

今日の浦和競馬メインは交流重賞のさきたま杯。

大波乱はなさそうですが、その前に一つ。あることに気が付きました。

とこ穴=とことん穴にこだわる予想がスタートだった当ブログ。マカヒキがダービーを勝った年からスタートしたので、もう結構経ちますね。ここまで続けられるとは思っていませんでした。飽き性の自分でもこれは想像を超えたものでした。ちょうど日本ダービーも終わったことで一区切り。

と、いかにも終わってしまうような書き方ですが、終わりませんw

気づかされたことは

「全然、穴にこだわってないよな??」

ということ。

元々はハズレてもいいからワクワクするような穴馬を推奨するという気持ちでしたが、いつからか当たってナンボの予想に落ち着いてしまったような気がします。

しかしハズレまくる予想が必要ないことも明らか。粗品の予想はひとつのエンターテイメントとして確立していますが、私はそんな大層な人間でもないし、ましてやこれでメシ食わせてもらっている身ですから、どこぞの誰かさんみたいに「極秘情報!口外厳禁!」「馬主からの情報!」とかクソみたいな手法も取りません。

だから穴馬なんだけどせめて3着には入ってこれる馬。そして100倍の馬でも納得して馬券を買ってもらえるようにしないといけないなと。

まぁそんな都合のいいことは無理なんですが、とりあえず④ヘリオスや⑥シャマルは◎にしちゃだめってことで頑張りますw

さきたま杯2022予想

◎⑦エアスピネル
○⑤ティーズダンク
▲⑧サクセスエナジー
△④ヘリオス
△⑥シャマル
△⑪ルーチェドーロ

本命は⑦エアスピネル

昨年はインを突いて2着。9歳ですから当然その昨年から上積みがあるなんてことはありません。それでもチャンピオンズC、フェブラリーS9着、かしわ記念5着などGIでも大きくは崩れていません。このぐらいの相手ならまだまだ馬券内に食い込めますし、1400mがベストの感も出てきました。かしわ記念は確かにタフな馬場に翻弄された面もありますが、最後はだらっとしましたからね。1400mはいいはず。

対抗が⑤ティーズダンク。浦和1400mは4戦3勝。余力を残して前走快勝とステップも理想的。オーバルスプリントではテイエムサウスダンの2着ですから、JRA相手でも通用することも証明済み。

単穴が⑧サクセスエナジー。東京スプリントのパドックを見て気配の良さは伝わってきましたが、やっぱり内枠はダメですね。今回は外目の枠があたりましたし、このタイミングで癖を知り尽くした松山騎手が戻ってきたのも好材料。

④ヘリオスは重賞で3連続2着。いつ勝ち上がっても・・・と思いますが、勝てないのは勝てない理由があると思うんですよね。来たら来たで人気だし仕方ないねで済ませます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク