【門別競馬/ヒダカソウカップ2022予想】内回りなら・・・の期待

おはようございます。

門別競馬11R「ヒダカソウカップ」の予想記事になります。

昨日の門別を見ていると、砂圧の調整がキマっているのか、なんだか読みづらいレースが多かった感じ。じっくりは見ていないので、なにがどうとは言えないんですけどねw

ヒダカソウカップ2022予想

◎⑩スティールティアラ
○⑤ネーロルチェンテ
▲⑨バブルガムダンサー
△⑦サイファリス
△⑪クーファアチャラ
△①アブソルートクイン
△③ディアリッキー

昨年のヒダカソウカップはルナクレアが快勝しましたが、実はこの馬。デビューから1度も1600mでの連対はなく、3着が最高着順。主戦距離は1000~1200mという馬でした。しかし1/2完勝だったのです。これが「THE・内回りマジック」。内回り1600mはハイペースで推移しても結構前が止まらないですし、距離をこなせるケースも多く見受けられます。

ということで、本命は⑩スティールティアラ。1600mは2着1回が最高着順。父サウスヴィグラスに母ラヴィールも1000mあたりを主戦場(記憶w)としていましたから、ベストは1000~1200mで、もってギリ1400mというタイプ。1600m自体は長いと思います。

と素人の私が考えればプロのジョッキーもそう考えるはずですから、「スティールはバテるだろうから・・・」と後ろがけん制しあう展開になればシメシメ。引き付けての逃げではなく、適度に距離を保った逃げが打てればもうワクワクが止まりませんし、この枠の並びならすんなりハナも取れるはず。内回り1600mなら好勝負。

人気上位馬が対抗以下でズラズラっと感じですが、今回が移籍緒戦となる⑪クーファアチャラ、③ディアリッキーは力を認めても入ってきていきなり重賞を持っていく・・・なんてそんな甘い話はダメダメってことで少し評価を落としました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク