【大井競馬/東京プリンセス賞2022予想】スピーディキックの2冠は濃厚だけど・・・?

おつかれさまです。とこ穴です。

今日は大井競馬場で牝馬クラシック2冠目「東京プリンセス賞」が行われます。

競馬場行けたら行こうかなぁ。中央もオークス週に競馬場行くことになりそうだし。

中央はまだまだどの馬にもチャンスがありそうな構図ですが、こちらは1頭ヌケた強さの馬がいますね。桜花賞を直線ブッコ抜いたスピーディキック

桜花賞では鬼門と言ってもいい大外枠。これだけで軽視した自分の浅はかさには本当に参ってしまいましたが、しかし桜花賞で2桁馬番で制したのはこの馬だけ。確かに前半が流れたこともありますが、最後の脚は凄みすら感じさせましたし、もっと言えばまだ余裕があったとも。

あの内容なら距離延長でさらに良さが出そうですし、父がスプリント志向のタイセイレジェンドといっても血統を紐解けば、キングカメハメハ×メジロマックイーンの中長距離血統。自身が特異なタイプであっただけで、血統的にはむしろこれぐらいの距離のがイイでしょう。

外目の枠もゴチャつくことなく回ってこれそうですし、大一番での御神本騎手の勝負強さはもう今年の活躍を見ると・・・ですね。テノヒラ返しの予想は絶対にするなよと昔、とある先輩に言われたことがありますが、前走の強さを見ると、くるくるくるーとテノヒラを返さざるを得ません。2冠達成濃厚。なのでここは相手は3頭ぐらいに絞って勝負。

まず1頭目は⑦トキノゴールド

桜花賞はスタート直後、挟まれて手綱を絞る不利。ここで位置取りが悪くなったことが、最後まで響いた形でしたが、ラストは余すぐらいの伸びを見せました。レースの流れに乗れなかったのは馬自身の器用さが足りなかったこと、大舞台での経験が足りなかった鞍上もあったかなと思いますから、今回は広いコースに変わって距離も延長。そして鞍上に矢野騎手ですから、逆転の可能性まで見えてきました。

次に③コスモポポラリタ

門別で重賞2勝の実績。南関東移籍後はまだ結果が出ていませんが、⑮→⑨→⑦→④着と一戦ごとに着順を上げてきました。2走前から着用しているブリンカーの効果も伺えますし、ロージズインメイ×ヤマニンセラフィムなら、おそらくベスト距離は中距離。最後の直線で併せる形になれば、この血統のシブさが出てくるはず。

最後に⑩エミーブレイズ

南関東移籍後3連勝で、ユングフラウ賞②着。前走のクラウンカップは桜花賞除外後の一戦。決して本調子とは言えない状態だったと思えば、今回は上積みしかありませんよね。中央では短距離ダートにシフトチェンジ(育成の問題)してしまうパイロ産駒ですが、南関東ではクラシックの中心的存在。そこに母父オペラハウスのスタミナが加わると見れば、距離は延びてこそ良しでしょうし、追ってしぶといタイプに鞍上的場騎手は大きな魅力。剛腕炸裂もあるはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク