【名古屋競馬/かきつばた記念2022予想】差しが決まるとみてタガノビューティー

おはようございます。

今日の名古屋メインは交流重賞「かきつばた記念」。

過去5年の勝ち馬はすべて逃げ切り。新生・名古屋競馬も基本的には前、インが有利・・・だったのですが、前開催は結構差しが決まりました。しかも距離を問わず。ようやく西日本1の直線が顔を覗かせてきた感じ。交流戦で流れが速くなれば、その傾向に拍車がかかりそうな気もします。

かきつばた記念2022予想

◎②タガノビューティー
○⑫ヘリオス
▲①イグナイター
△⑪ワイドファラオ
△④インペリシャブル

◎は②タガノビューティー

ここまでオープン特別2勝を含む計6勝。堂々のオープン馬ですが、この馬はめちゃくちゃわかりやすいヘニーヒューズ産駒。走れる舞台は「軽い馬場」の「平坦(坂が緩やか)」のコースと決まっています。

新潟ダート1勝、東京ダートで5勝。新潟は上記2点を満たす舞台、そして東京は最後に坂があるとはいえ緩やか。坂を登り切ればあとはゴールまで平坦ですから、東京コースを坂コースと表現する方はいませんよね。いたらヤバイと思いますw

対して急坂の阪神コースでは、朝日杯FS(芝1600m)4着、ギャラクシーS、ポラリスS4着。やはり最後の最後で脚いろが鈍ってしまいます。軽いコースで走るけどタフなコースはダメ。

そしてここはハンデ戦で斤量にも恵まれました。相対的にも。前走、3走前は58キロを背負いましたが、今回は57キロ。ラプタスは57→59キロ、ピンシャン56→57キロ、ヘリオスも56→57.5と軒並み増量される中、この馬だけは1キロ減。これはデカイですね。

あとは馬の適性よりも人の適性ですね。今の名古屋は勝つ騎手が限られているように、それだけ特殊な馬場。見るのと乗るのとでは違うはずですから、ここだけクリアできれば。

○が⑫ヘリオス

復帰後4戦2勝、重賞で2着2回。それまでの逃げから脱却しての重賞2着は価値があります。前走の黒船賞は勝ったイグナイター=田中学騎手に負けた一戦。競馬の形としては、普通ならこの馬が勝っているものでした。内枠を見ながら運べる大外枠はいいですし、この枠はそれほどスタートで滑らないのも好材料。先週の中央競馬ではオルフェーヴル産駒がダートで大活躍(ラーゴム、ウシュバテソーロ)でした。母父フレンチデピュティのこちらもまだまだ上があります。

▲が①イグナイター

前走の黒船賞でJRA勢を撃破。インが使えること、そして逃げよりも番手がいいことをしっかり把握していた田中学騎手の神騎乗が光った一戦でしたが、それでもそんな競馬に応えた馬も立派でしたね。斤量56キロは据え置きですし、前走のスタートを見ると自分からレースを作っていくことも可能かなと。問題はインが使える馬場であるかどうか。その一点だけ。

△⑪ワイドファラオは往年の力を望むのは酷な感もありますが、かしわ記念の勝ち馬。この時期に良くなる可能性も捨てられません。前走のマーチSは完全なる叩き台。軽い馬場に戻ればこの馬にもチャンスは回ってきます。

インペリシャブルも兵庫ウインターカップ→名古屋東海桜花賞と重賞連破。すっかり状態を持ち直してきましたし、名古屋も2度目のアドバンテージ。鞍上の吉原騎手は名古屋で重賞2勝ですからさすがの一言。この人には常識が通用しませんね、いろいろとw

ラプタスは昨年の勝ち馬ですが、黒船賞6着が微妙。当時はインが有利な馬場、しかもその部分を選んで走れたのにこの馬だけが失速しました。状態面、もしくは年齢的な面からも上積みはどうなのか?という気がしますし、59キロもやっぱり不利ですよね。

ピンシャンは1500m向きという気がしませんし、前走の東京スプリントではかなりイレ込んでいました。遠征競馬に不安がつきますし、ゴールデンウィーク開催でおそらくお客さんもかなり入るでしょうから、平常心を保てるかどうか。また前走のようにパドックからカッカして、返し馬で空を見上げるようでは厳しいかなと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク