【大井競馬/東京スプリント2022予想】地方馬にもチャンスがある一戦

おはようございます。

ちょっとブログ放置プレイでした。今週は重賞ボンボンありますから頑張りましょう。

まずは東京スプリント。

東京スプリント2022予想

◎⑬ワールドリング
○②リュウノユキナ
▲⑥ルーチェドーロ
△④ピンシャン
△⑤シャマル
△①サクセスエナジー
△⑦ヒロシゲゴールド

フジノウェーブ、ラブミーチャン、アルゴリズム、キタサンミカヅキ、サブノジュニア、キャンドルグラス…。このレースは意外と南関東勢の好走が多いんですよね。スプリント路線ならJRA勢との壁はないとみて、本命は⑬ワールドリング

優駿スプリント、アフター5スター賞連勝。東京盃でも0秒6差5着と奮起しました。園田遠征の楠賞は終始進みが悪かったですから、長距離輸送、1400mなど細かい敗因が重なった結果かなと割り切ることができます。

前走のフジノウェーブ賞は前付しての11着。こちらも距離が合わなかったですから、完全にここへ向けての叩き台。今開催の大井は雨の影響を受けてずっと時計の速い決着となっていますが、この馬は10秒9の持ち時計がありますから、時計勝負に不安もありません。大外枠がいいかどうかは微妙ですが、少し前が流れるようならズドン。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク