【園田競馬/菊水賞2022予想】1700mなら一発大逆転

おはようございます。とこちゃんです。

今日は園田競馬場で3歳クラシックの第1弾「菊水賞」が行われます。中央で言えば皐月賞的一度気ですね。

圧倒的人気は重賞連破中の⑥バウチェイサー。新子厩舎のエスポワールシチー産駒ということでイグナイターと被る部分はありますが、この馬もいずれは全国区へ飛び出すであろう逸材。勝ちっぷりに注目ですかね。

もう1頭の注目馬は、名前のインパクトも含めての⑨ベラジボッキーニ。園田2歳王者ガリバーストームと同じアジアエクスプレス産駒。距離が延びての不安はありますが、完成度の高さはこの血統らしさ。前走で感触をつかんだ吉村騎手が連続騎乗なら、やはり怖さはありますね。

(おいおい・・・この2頭の組み合わせ・・・シックスナインやんけ・・・怖ぇ)

しかし本命はこの2頭ではありません。ともに1700mが初めてという不安材料がありますからね。

菊水賞2022予想

◎②エイシンクエーサー
○⑥バウチェイサー
▲③ベルレフォーン
△⑧キングレジェンド
△①ニネンビーグミ
△⑨ベラジオ勃起ーニ
△⑤エイシンクレモナ

本命は②エイシンクエーサー

園田移籍後4連勝。前走の兵庫ユースカップでも2番人気の支持を集めましたが、バウチェイサーの影すら踏むことができませんでした。

しかしこれは単純に距離適性の差。バウチェイサーほどのスピードはありませんが、反面器用さが生きる1700mは好材料ですし、この距離は門別在籍時に2着1回。2走前はインを巧みにすくい上げて行く競馬で、今回の枠なら同様の競馬が可能。ましてや鞍上は田中学騎手。期待感しかありません。1700mなら大逆転があります。

対抗は⑥バウチェイサー。初距離とはいえさすがにここは負けられない一戦。単穴が③ベルレフォーン。新子厩舎2本目の矢ですが、こちらはすでに1700mでの勝ち星があります。2頭出しは人気薄からの格言もありますしね。

以下、距離短縮でハマり待ちの⑧キングレジェンドに、内枠から行き切る競馬なら怖い①ニネンビーグミ。当然⑨ベラジオボッキーニ、⑤エイシンクレモナも押さえます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク