【川崎競馬/クラウンカップ2022予想】エスポは偉大

おつかれさまです。とこさんです。

ギリギリの更新になってしまいましたが、別にここまで馬場をチェックしていたとか、そういうことではありません。単純にやること多すぎだっただけw

なのでささっといきますねw

クラウンカップ2022予想

◎⑦フウト
○⑪リヴィフェイス
▲⑨アイウォール
△⑩ミゲル
△⑥フレールフィーユ
△⑤エミーブレイズ
△②ノブレスノア

『エスポは偉大』と書きましたが、エスポワールシチーは今後の地方競馬を背負っていく種牡馬。サウス亡きあとはどうなるかと思いましたが、もう安心。黒船賞勝ちのイグナイターを出したこともデカかったですね。

南関東でもエスポ産駒はとにかく走っていますし、スピード・スタミナ兼備型が大半。2000mを超えると流石に割引になりますが、早期から走れて年を重ねても能力減がないというのは生産者さんにとっても、神様みたいな種牡馬でしょう。ちなみに3年前の勝ち馬ホールドユアハンドはエスポワールシチー産駒でしたね。

ここはそのエスポ産駒が3頭出走。いずれもチャンスありですが、3頭の中で一番人気がない⑦フウトが本命。

3走前初めて1600mにチャレンジして3着。道中折り合いを欠くシーンも見受けられましたが、この時はどっさりと雪が積もった日でレース中もしっかりと降っていましたから、完全に参考外。仕切り直しとなった前走快勝ならこの距離への不安もなくなりました。

そしてこの馬は頭の高い走法で、そのぶん最後に余力を残せない感じだったのですが、前走からシャドーロールを着用。まだ高い気もしますが、それでもかなり改善されたように映りました。これはいいステップ。

今日も全体的に前目の馬が強い馬場ですが、この馬は器用な競馬ができるタイプ。鞍上の矢野騎手ともいかにも手が合いそうな気がします。

対抗は⑪リヴィフェイス。森騎手がお手馬がかち合う中から選んだのがこの馬とみれば、期待感が伝わってきますし、ホッコータルマエ×タイムパラドックスはいかにもクラシック向き配合。今後も見据えての継続騎乗とみます。

単穴が⑨アイウォール。こちらもエスポ産駒。門別から移籍後2連勝。門別最終戦では1800mを1秒3独走しており、距離延長に不安はありません。鞍上に御神本騎手。今年は重賞キラーですから軽視すると痛い目にあいますよ?

以下はまぁ大体人気どころ。⑥⑦⑨のエスポBOXも買っておきますね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク