【大井競馬/京浜盃2022予想】距離が延びていいプライルード◎

おはようございます。とこ穴です。

ここ2日間は私用が立て込んだこともあり、じっくりと腰を据えて参加できませんでしたが、今日からまたバリバリ頑張っていきます。それにしてもタピオカ屋は凄かった。

今日は大井競馬場でクラシック前哨戦、京浜盃が行われます。春ですね。

ということで早速予想へ。

京浜盃2022予想

◎⑧プライルード
○⑤シルトプレ
▲⑨シャルフジン
△⑥ナッジ
△⑪マイブレイブ

本命は⑧プライルード

兵庫JG、全日本2歳優駿3着。逃げ差し自在で末脚強靭。派手さはなくても芯の強さを感じるレースぶりは、いかにも実戦派だった父ラブリーデイ譲り。そしてこの馬は母系も優秀。

母父サクラバクシンオーですが、叔父ポップロックは目黒記念2勝。有馬記念、ジャパンカップ、メルボルンC2着の一流馬で、エリシオの代表産駒。とにかく距離が延びてよかったですし、サクラバクシンオー自体血統はステイヤー。同じブルードメアサイアーのキタサンブラックも菊花賞、天皇賞・春、有馬記念を勝ちました。実は母系に入るとスタミナ増強の仕組み。

そしてこの馬は、南関東では泣く子も黙るミッドウェイ調整馬。間隔をあけての再鍛錬がパターンですし、今回は好走できるステップ。

対抗は⑤シルトプレ

前走は久々で反応一息。鎌倉記念を勝ち、全日本2歳優駿5着。実績は上ですし、意外に叩き上げタイプ。真島騎手とはいかにも手が合うイメージもわきます。

単穴が⑨シャルフジン。

前走1分51秒7は破格の好時計。1700mは前が有利になりやすい舞台ですし、そのスピード能力を発揮するには距離が短くなるほうが好都合でしょう。重賞連覇なら東京ダービーまで見えてくる気がします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク