【中山競馬/マーチステークス2022予想】

おつかれさまです。とこ穴です。

中山競馬場で行われるマーチステークスの予想記事になります。難解な一戦、皆様の一助となれれば幸いです。

①展開は??

逃げ ⑤
先行 ③⑨⑦⑪①
差し ⑫⑭④②⑥⑮
追込 ⑬⑯⑩⑧

⑤アイオライトの逃げ。前走ほど絡まれるようなことはなさそうですが、先行~好位勢も多く淀みなく流れそう。勝負所で⑨アナザー、⑪ヒストリーあたりが追い上げてペースアップ。ここで力のない馬は脱落、中団で脚を溜めていた⑫メイショウ、⑭オメガ、⑥ブルベアが直線猛追。さらに坂を登ってモツれるようなら、⑬カデナの追い込みも届く。

②ハンデは??

過去10年の斤量別成績は

57.5キロ以上【2-3-1-18】
57キロ【2-1-1-23】
56~56.5キロ【3-3-3-32】
55キロ以下【3-3-5-56】

意外と重ハンデ馬も好成績で、それほどハンデ差は気にしなくもよさそうですし、今回は上下差2.5キロ差。ハンデ戦という感じはしませんから、各々の前走比でいい気もします。

③マーチステークス最終決断

◎⑪ヒストリーメイカー
○⑫メイショウハリオ
▲⑤アイオライト
△⑬カデナ
△⑭オメガレインボー
△④ダノンスプレンダー

本命は⑪ヒストリーメイカー

昨年のマーチS2着、続くアンタレスSではテーオーケインズと0秒3差2着の星。前走の仁川Sではブリンカーを着用しましたが、少し効きすぎた印象で仕掛けが早くなってしまいました。着差は0秒9と大きかったですが、大負けとも言えません。今回は2度目となりますから、馬自身も落ち着いて走れるはず。ブリンカーは1発目、もしくは2発目までが狙い時。昨年と同じ56キロなら当然チャンスあり。

対抗が⑫メイショウハリオ。返す刀で挑んだチャンピオンズCは7着止まりでしたが、外を回ってのものなら内容は十分。理想はひと叩きして…となりますが、この相手なら。

単穴が⑤アイオライト。前走はすんなりハナを取れたものの、出遅れたイッツクールが絡んでくる最悪の展開。レースの流れを壊したともいえる一戦でしたから、これは参考外でいいでしょう。逃げ馬は惨敗後こそ買い。この格言がビタっとハマります。ビッタビタ。

△で面白そうなのは⑬カデナ。芝でもダートでも脚を使えたように、おそらく今デキがいいのでしょう。57.5キロも不安はありません。上がりがかかる展開になれば一気に浮上があります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク