【中京競馬/高松宮記念2022予想】道悪巧拙が出ちゃう系

おつかれたまです。とこたまです。

日経賞◎アサマノイタズラ、毎日杯◎リアド。ともにダメでした。なので言い訳だけしておきます。

◎アサマはコース適性に賭けたわけですが、馬場がイン絶対皇帝の馬場でした。差し~追い込み馬に主張の権利はなく、ことごとく討死。前、インだけ優遇の馬場でしたから、アサマにとっては何もできない競馬。先週もインが良かったけど、今週は拍車がかかってましたね。明日もたぶんそんな馬場。

◎リアドは毎日杯と言えば切れるディープ産駒の方程式でしたが、こちらも馬場が渋って時計が掛かりました。1着スクリーンヒーロー、2着モーリスですからどちらもパワーロベルト系グランワンダー。真逆の真逆の真逆でした。

そして馬場傾向が明暗を分けるのは、明日の中京もおそらく同じ。

これからドカッと雨が降るみたいですし、緩い馬場は避けられない感じ。すでに土曜日の芝を見ていると、ステイゴールド系が大活躍していましたから、道悪巧拙がモロに出るのではないだろうかと。パンパン良馬場仕様のグレナディアガーズやサリオスあたりには厳しい馬場。力よりも適性を重視。

高松宮記念2022予想

◎⑬トゥラヴェスーラ
○⑦レシステンシア
▲③シャインガーネット
△②ナランフレグ
△③ライトオンキュー
△⑨ロータスランド

◎は⑬ゥラヴェスーラ

渋馬場で行われた昨年の高松宮記念で0秒2差4着と好走。その後重賞2着2回は10、9番人気だったので走っても走っても人気にならないタイプ。このあたりはステイゴールド系らしいっちゃらしいですよねw

そしてこの馬は母系も優秀で、母ジャジャマーチャンの姉が2007年のスプリンターズSの勝ち馬アストンマーチャン。スプリント能力は母系から保管されており、スピードとスタミナが程よくマッチしたいい配合。そして渋馬場OK。今年の高松宮記念にピッタリの馬でしょう。

○は⑦レシステンシア

GIは阪神JFだけですが、ここまでスプリントGIで2着3回。勝ち運がないだけで、いつ順番が回ってきてもといったところ。卓越したスピードはもちろんのこと、500キロ超の馬体から繰り出されるパワーもこの馬の持ち味。渋馬場なんてまったくキニシナイ女の子ですからね。今回も崩れることはないでしょう。

▲を少しひねって③シャインガーネット

父オルフェーヴルですから、今の馬場は合うタイプ。母父が淡白なゴーンウエストだけに、少し成長力に疑問?と思っていましたが、前走のシルクロードSで2着と好走。成長は止まっていませんでした。混戦に強そうですし、最後突っ込んでくるイメージも沸きます。

以下、中京での走りがいい②ナランフレグ、雨馬場に強い④ライトオンキュー、⑨ロータスランドまで。馬場が乾いてスピード優先馬場になっていたらこれらはすべて破棄でお願いしますw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク