【中山競馬/スプリングステークス2022予想】絶対に中山巧者!

スプリングS2022予想

◎③サトノヘリオス
○⑫アライバル
▲①ビーアストニッシド
△⑧アサヒ
△⑦ディオ
△⑨ソリタリオ
△⑩アルナシーム
△⑬オウケンボルト

はっきり言って混戦。いや、大混戦と言ってもいいレベル。

12:30現在の単勝1番人気が、⑧アサヒで4.7倍。続いて①ビーアストニッシドが5.6倍。皆さんが悩んでいることが手に取るようにわかるオッズ。

スプリングSはトライアルの中でも特に混戦。本番とは距離が違うし、弥生賞よりも間隔が詰まることもあり、有力馬の参戦があまりないんですよね。何とか最終のここで権利を・・・という馬ばかり。だから難しい。

その中から本命に期待するのは、③サトノヘリオス

ホープフルS13着惨敗は、エリカ賞レコード駆け後+中1週での関東への長距離輸送。通用の力がなかったというオチもありますが、まずはこれを敗因にしたいですね。

そしてこの馬は間違いなく中山向き。その裏付けともなるのが血統。

祖母エアデジャヴーが、中山芝1800mの重賞勝ち馬。そして叔父エアシャイディはAJCC勝ちに有馬記念3着の実績。その妹のエアメサイアも中山記念3着と走りました。エアデジャヴーから広がる枝葉は、間違いなくこの舞台で花開きます。

もうひとつ踏み込んでみていくと、この馬は「サンデーサイレンスの4×2」と強めのインブリードを持ちます。トレンドとして知られる「サンデーの4×3」をひとつ上回る濃度。これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、一発大物の魅力を秘めていることは確かでしょう。

間隔をあけての再挑戦。今度は上がり最速でまとめた2~3走前のような脚が使えると思います。

対抗は⑫アライバル

京成杯はとにかくレースにならず。1角から接触→道中イン包まれ→4角手前で手綱を引いて頭を上げる場面。これじゃダメ。それでも直線進路を外に切り替えると、よく伸びてきました。まともなら・・・と誰もが思ったはず。

今回は距離が短くなりますが、逆に外枠という最高スキルをGET。新馬戦から手綱を離さないルメール騎手もそろそろ結果を出したいところでしょう。

単穴が①ビーアストニッシド。最内枠で逃げ確定。内ラチ粘り込みなら、昨日の若葉Sの再現。インタビューに再現までありそうw(わかります??w)

以下は人気通りですが、最大の穴は⑬オウケンボルト。前2年①②着の水仙賞組。フェノーメノ×オウケンブルースリの異質血統が爆発したって驚けませんよね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク