【浦和競馬/桜花賞2022予想】大外枠スピーディキックは買っていいの??

お疲れさまです。とこ穴です。

昨日の黒船賞は、◎イグナイターが完璧な競馬で快勝。3着に入ったのが地元のダノングッドでしたから、もう何でもかんでも中央馬を買っていればOKなんてことはないということが、改めて証明されたと思います。

それにしてもイグナイター=田中学騎手のエスコートが素晴らしかったですね。インが使えることをしっかりと把握していたのでしょう。好スタートをすぐさま控えてインを死守。4角でもそのまま内を突いて追い上げ、直線入口では2着ヘリオスの進路をカットする絶妙なコーナーリング。馬の力、厩舎力、そして鞍上すべてが見事に噛み合いましたね。

さて今日は浦和競馬場で、牝馬クラシック第1弾の桜花賞が行われますね。

『内枠が正義』の浦和1600mですが、このコースで行われるの今年まで。来年は1500mに変更されますから、内枠の恩恵をしっかりと受け取りたいと思います。ましてや1番人気スピーディキックが大外11番枠。一波乱ありそうな雰囲気。

◎は⑤プラチナプライド

過去10年の勝ち馬はすべて1~5番枠内。この枠ならギリ権利があります。

人気先行の嫌いはありますが、前走のユングフラウ賞で初めてブリンカーを着用。その効果もあり、ローレル賞、優駿牝馬とは一転、カカリ気味に先行できました。効果十分とみていいでしょう。

上がり最速で伸びたローレス賞2着。鞍上の森騎手も2度目の騎乗となりますし、あとは落ち着いてレースに臨めればアッサリがあってもいいはず。

○が③スティールルージュ

トライアルのユングフラウ賞を完璧な好位差しで快勝。門別在籍時はスピードに任せたレースが目に付きましたが、タメて差す競馬ができるようになりました。こちらも絶好枠。

⑤③と来れば、やはり①②番は無視できません。浦和桜花賞の最強番号と言ってもいいですからね。しかし今年の2頭はどちらもクロフネが入ってることで、トビが大きいんですよね。小回りで小脚を使うタイプではない気がしますから、この枠がいいとも言い切れません。

ということで、▲は④ヒストリックノヴァ

ドレフォン産駒は可能性が無限すぎて、現時点でのベストパフォーマンスがどの距離か見えてきませんが、この馬は小脚が使えるタイプだと思っています。前走はスタートでゲームセット。矢野騎手も「今度こそは…」の連続騎乗でしょう。

そしてタイトルにもある⑪スピーディキックの取捨が悩むところですよね。前走は直線ブッコヌキで4馬身差。はっきりとモノ違いの競馬を見せてくれました。

差し~追い込み馬ですから、スタートから下げてラチ沿い(3年前10番枠から3着アークヴィグラスと同じ競馬)ならそれほど気にしなくてもいいかもしれませんが、それでも過去10年で2桁番号の連対は1度もありません。来たら諦めるのスタンスで、最終ジャッジは「買わない」です。

単勝・複勝 ⑤番
馬連・ワイド ⑤-③④番

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク