【名古屋競馬/中京ペガスターカップ2022予想】いいから黙って全部オレに投資しろ

なんて言いながらも、そこまで自信があるわけではありません。とこさんです。こんばんみ。

そして進撃の巨人もかなり最初で読むのを断念しました。いつかまた読みます。

さて今日は名古屋競馬場で中京ペガスターカップが行われます。

栄えある重賞デー、さらに名古屋競馬場もラスト週。こんなアツイ日に黙って家でシコってる場合ではありません。そうです。場内のどこかに私がいるかもしれません。いや、いないかもしれない。いや、いるかもしれない。見つけたらこっそりDMしてください。(UMAJO限定)

では早速予想のほうへ参ります。

◎は②ゴールドスノー。

800mの新馬戦で2着馬に1秒9差。これはかなりイイところまで行けそうだぞと思いましたが、その後は一進一退といった感じ。それでも掲示板を外したのは1度だけ。やっぱり強い。

前走の梅桜賞はインで終始手応え抜群。これは勝ち負けだなと思いましたが、一番動き出したい3角過ぎから前が詰まりっぱなし。最後の直線もキツイ内を選択ともったいない競馬になってしまいました。初めての1800mで少し遠慮しすぎた感もありましたかね。

今回は1600mの内枠。①パピタを行かせてイン追走→抜け出し。これで確定。全力で投資しましょう。

ずーっとタフな馬場が続きますが、おそらくラスト週も同じ。最後までタフ馬場とみて、ブライアンズタイム系にはまず注目しなくてはいけません。

シノジマニヨラサイ、⑥アップメイジェイのフリオーソ産駒2頭。あとは内枠勢は押さえないといけませんから、①パピタと③エムエスムーン。距離延長+岡部騎手騎乗の⑤ローザキアーロもまだチャンスがあるはず。⑧プライムデュークは乗り替わりのぶん割り引きます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク