【2022/02/12(土)東京競馬全レース予想】

2月12日(土)の東京競馬の全レース予想。

バレンタインも近づいてきましたね。参考に当たったよ!とカワイイことを言ってくれるUMAJOさんからのチョコとパンツを待ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

1R 3歳未勝利 ダ1300m

◎⑮ヨドノマックス
○③フロムドーヴィル
▲⑦チャイムリープ

⑮は今回が初ダートですが、血統構成は断然コチラ。外枠なら砂を被るリスクも軽減。差しが決まっている馬場に変化があるかどうかですが、まずはここでチェック。③は芝でもダートでも変わらない感じでしたが、1つは勝てる力量。⑦はドレフォンの初ダート。

2R メイクデビュー ダ1400m

◎②ユキノプリンセス
○⑯ビートエモーション
▲①セイショウスマイル

手薄な顔ぶれなら、迷わず関西馬。②は新種牡馬シルバーステート産駒。当初はダートからっきしでしたが、ここにきて走る馬も出てきました。⑯は素材が上、①もシルバーステート。

3R 3歳未勝利 ダ1600m

◎⑫エコロジェネラス
○⑤ビーザラキエスト
▲⑬メジャークロニクル

⑫は東京1400~1600mがベストと見ているアジアエクスプレス産駒。前走は少し短い感じもあったので、この馬はたぶんここがベスト舞台。⑤は順当、⑬は姉にGI馬メジャーエンブレムの良血。初戦からアッサリがあっても。

4R 4歳上1勝クラス ダ1400m

◎⑩ジランドール
○③トロワシャルム
▲①テイエムアトム

門別からの移籍緒戦4着なら悪くない⑩。距離短縮も好材料。内枠から前に行く2頭が相手。

5R 3歳未勝利 芝1400m

◎⑤モンテジュエル
○④ローシュタイン
▲①ダブルダブル

⑤の初戦は出遅れ→折り合いを欠くという若さ丸出し競馬。それでも0秒5差なら上々。逃げる④、カナロア短縮①が相手。

6R 3歳未勝利牝 芝1800m

◎⑭ルージュリナージュ
○③ゴールデンアワー
▲⑫レーヌデゼトワール

折り合いを欠いた前走から距離短縮は+になる⑭。小柄で仕上がりも早いタイプ。③の前走は差して2着。逃げからの脱却は何よりの収穫。⑫は新馬戦が脚を余した内容。こちらも仕上がり早。東京芝での好走が目立つモーリス産駒。

7R 3歳1勝クラス 芝1400m

◎②ラコンタール
○⑧グラスミヤラビ
▲③レディバランタイン

ベゴニア賞はかなりメンバーがそろった一戦。0秒1差5着なら合格点がつく②。新馬快勝の1400mに戻してカナロア短縮大爆発。⑧と③はどちらもサトノアラジン産駒という偶然ですが、⑧は逃げ差し自在の器用さが売り。51キロも魅力。③はクイーンカップにも登録がありましたが、早々とこちらへ。鞍上にルメール騎手を配して勝ちに来ました。

8R 4歳上1勝クラス ダ2100m

◎②ピュアブラッド
○⑮カンリンポチェ
▲⑤ユイノザッパー

久々・昇級2着の②の勝機。⑮の前走はスタート直後の芝で行き脚がつかず。オールダートで巻き返し。⑤は唯一の関西馬。馬体も含めて一度使ってからは確かですが、ここはポンとハナが切れる枠の並び。

9R 箱根特別 芝2400m

◎③チャックネイト
○②トゥーフェイス
▲⑤ホウオウリアリティ

昇級3着と即通用だった③。父がハーツクライですから、東京芝2400mはドンピシャ。②と⑤はどちらもモーリス産駒で、どちらとも勝ち上がっての参戦。この父系は連勝傾向にあると以前に言いましたが、だからこそ狙い目というわけ。

10R 雲雀ステークス 芝1400m

◎①ララクリスティーヌ
○③レガトゥス
▲⑩アントリューズ

1600、1800mもこなせた①ですが、やっぱりベストは2勝マークのこの距離。父ミッキーアイルですから、こちらもカナロアと同じく距離短縮でパフォーマンスUP系統。③はエアグルーヴ一族ですが、姉のスカイグルーヴと同じくベストは1400m。2勝マークの舞台。初ダートの前走は度外視できる⑩。こちもカナロア短縮馬。

11R クイーンカップ 芝1600m

◎②ベルクレスタ
○⑨スターズオンアース
▲⑭アメリカンスター

阪神JFは外枠で壁を作れなかっただけ。アルテミスSではサークルオブライフと互角の競馬でだった②の巻き返し。今回は前に壁を作ってタメが利く。⑨はフェアリーS2着。相手関係から正直取りこぼした感が強いですが、初めての右回りが影響したフシも。左回りなら。ドゥラメンテ産駒ワンツーを本線に、穴は⑭。前走はゲートに進境を示し、2番手抜け出し。でもこの馬は新馬戦で見せた瞬発力(上がり33秒9)が本質。広い東京コースで大躍進。

↓△以下はこちらをクリック


最強競馬ブログランキングへ

12R 4歳上2勝クラス ダ1600m

◎⑭ジョディーズマロン
○⑪クリーンスレイト
▲⑫イバル

0秒3差4着の前走で通用のメド立てた⑭。4走前快勝の舞台と鞍上で前進。⑪はユニコーンS5着馬。少し足踏みとも言えますが、ジョディーズと同じディスクリートキャット産駒。丼決着を注文。⑫はパイロ産駒。末脚堅実でなんやかんやでもう一押しあれば。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする