【名古屋競馬/梅見月杯予想2022】魔法をかけちゃいましょう。

おつかれさまです。

昨日の白鷺賞は◎ジンギ、○ユウキラフェールでしたが、結果は1着5着。

それでも内々を立ち回る競馬を見せてくれましたし、納得のいく結果かなと。ジンギもまずは好発進ですから、次の名古屋大賞典が楽しみになりました。目指せ!全国区!駆け上がれ!兵庫最強馬へ!ですね。

さてそんなジンギのライバルとなりそうな馬が出走するのが、明日名古屋競馬場で行われる梅見月杯。兵庫から④テーオーエナジー、⑨シェダル、⑪スマイルサルファーの3頭が出走。中でもシェダルはJRAオープンからの転入。前2走はともにひとまくりの圧勝でした。まだ5歳ですし、今年の台風の目となりそう気配も・・・。

迎え撃つ地元勢は②ナムラマホーホ、⑫トミケンシャイリに、今回から名古屋所属馬として走るウインユニファイド。結構粒揃いだなぁ。

南関東からは昨年の勝ち馬⑧ノーブルサターン、⑥スギノグローアップが参戦。当然無視はしちゃダメダメ。

となんだかんだ言ってきましたが、本命は地元の期待を背負って走る②ナムラマホーホ

梅見月杯と言えばリピーター。毎年同じ馬が走るからという面もありますが、コーナーを6回まわるわけですから、適性や機動力が求められる舞台。当然、得手不得手がでてきます。

ナムラはこの舞台で重賞2勝を含む3戦3勝。やはり負けていない馬は負けるまで追いかけるのが鉄則ですし、この枠なら道中もロスなく運べそう。問題は今年【39-29-20-50】、勝率28%、連対率49%と無敵状態の岡部誠騎手と私の相性がクソほど悪いということだけ。(それにしても着外50回の内、何回ぐらい引いてるんやろな・・・。)

対抗は⑨シェダル。初めての名古屋がどうかは走ってみないとわかりませんが、勝つとすればそりゃもう圧勝でしょうね。ベストはナムラとの叩き合い。

単穴は⑫トミケンシャイリ。前走のマイル争覇は気持ち良く◎を打てましたが、やはり逃げれば強い。そして名古屋では【9-1-0-0】と無双モード、ブリンカー効果もありましたね。4走前は逃げ圧勝の④テーオーエナジーですが、これは相手に恵まれただけ。田中学騎手がシコシコ出して行くとも思えないので、ここはトミケンのハナ濃厚とみます。

以下、⑪スマイルサルファー、⑧ノーブルサターン、④テーオーエナジーまで。

馬券は②から手堅く流すのがいいかな。シェダルがどこさもなしという可能性もありますしね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク