【名古屋競馬/梅桜賞牝馬オープン2022予想】

おはようございます。

今日は名古屋競馬場で「梅桜賞」が行われます。なかなか面白いメンツですね。

梅桜賞牝馬オープン

◎①ドミニク
○⑦アップテンペスト
▲⑨タイムウィスパー
△③ゴールドスノー
△②ホラン

本命は①ドミニク

ライデンリーダー記念は距離不足が敗因。父トーセンブライト、息の長い末脚はもちろん中距離でこそ。1800mでならまた違った強さを見せてくれるでしょう。3歳世代は重賞総ナメにしちゃうよね?と思っていたエスティファーム生産馬。仕切り直しの一戦でしっかりと。

対抗は⑦アップテンペスト。岩手から名古屋へ移籍してきて重賞2、2着。非常に安定したレースぶりここも崩れるシーンは想像がつきません。

単穴が⑨タイムウィスパー。前走はJRA交流を直線豪快な差し切り。2連勝の勢いは認めてもまさかJRA勢相手にあの勝ちっぷりは正直ビックリ。トニービン系は連勝傾向が強いですし、トーセンジョーダン産駒は外枠で強い特徴。条件ぴったりで4連勝での重賞制覇も十分でしょう。

△は③ゴールドスノー。前走の新春ペガサスカップでは◎に推した馬。結果4着と悶絶の悶絶でしたが、やはり能力は高いぞと再認識。ブリンカー効果もあったのかな。もう1頭は②ホラン。岡部騎手なら崩れないですし、前走の内容から距離延長もプラスに働きそう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク