【船橋競馬/船橋記念2022予想】

スポンサーリンク

水曜日の船橋は圧倒的にイン有利。リーディング上位騎手はこぞって道中インを取っていましたね。外回りはほぼアウト。そのあたりを頭に入れつつ・・・。

船橋記念は1000mですから、ひとつのミスが命取りに。騎手の手腕が明暗を分けると言っても過言ではありません。ここまで勝ち鞍を量産している騎手、馬場読みができていた騎手を✅

展開は④アザワクと⑥キモンルビーのハナ争いで激流必至。②コパノフィーリング、⑧カプリフレイバー、⑬ベストマッチョあたりが先行。⑩アドバイザーが中団追走。①ルーチェドーロは最内枠ですし、出足も速くないのでこれは後方から。

今の馬場でも前が残るかどうかですが、直線ガラッと変わるなんてことはないでしょう。さすがに。前強めでいきます。

◎は②コパノフィーリング。前走はさすがに距離が長かっただけ。1000mなら〔3-1-0-0〕ですし、前に何頭か置いてのイン追走ができる並び。森騎手なら失敗はないでしょう。

○が⑧カプリフレイバー。前走はスピードの違いで逃げ切りましたが、昨年の船橋記念は差して3着。自在に立ち回れる強みがあります。サウスヴィグラス産駒のスター候補。

▲に⑩アドバイザー。昨年の2着馬。タイキシャトル産駒に成長力は期待できませんから、昨年よりも上という感触はありませんが、久々の前走3着は及第点。激流+笹川騎手で何とか馬券内までという期待。

△は⑬ベストマッチョ。今開催出走馬すべてが馬券内にミッドウェイ調整馬。1000mに対応できるかどうかはわかりませんが、33秒台で出ていける馬ですし、外から強気の競馬ができれば。

④⑥はさすがに残れても3着かなという感じがしますし、①は馬場と枠と鞍上で割引3連発。来たらごめんねで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク