【佐賀競馬/ゴールドスプリント2022予想】ポイントは距離短縮!

1月10日の佐賀競馬メインは、第1回ゴールドスプリント。

古馬短距離路線の新設重賞。第1回にしては9頭立てと少し寂しい感じはしますが、園田からステラモナーク、グラナリー。そして高知からダノングッド、ダノンジャスティスが遠征してきましたから、意外と層は厚い感じもします。

佐賀は普段みていないので、ミスカゴシマが2連勝と復調してきたんだ?とか、ドラゴンゲートは900mじゃないと厳しいよね?ぐらいの知識しかありませんが、でもやっぱり他地区勢が強いのかなと。

◎は⑤ステラモナーク。前走はゴール前で差されてしまいましたが、道中気分よく行き過ぎた感じがありましたね。あれなら少しでも距離が短くなるのは好材料ですし、この馬の持ち味はダッシュ力。ドラゴンゲートも確かに速いですが、地力の違いでこちらがハナでしょう。

○は②ダノングッド。名古屋ゴールド争覇、笠松GPと異なる競馬場で重賞連破。その前は園田で2着ですから、とにかく環境の変化に戸惑わないタイプ。初めての佐賀競馬場も問題にはならないでしょう。

▲が⑨ダノンジャスティス。グッドと比べるとどうしても一枚落ちの評価になりますが、距離適性の差もある気がします。この馬はJRA在籍時から1000mがベストと思っていた馬。さすがにその後の成長込みである程度距離はこなせるようになりましたが、短い方がいいという気持ちに変わりはありません。1900→1400mでパフォUPからの1300m。激走があるならココ。

△が④グラナリー。1300mなら我慢も利きますし、JRA3勝クラスまでいった馬。ここなら馬券内は。

いずれにしてもここは遠征馬が上位独占とみます

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク