【12月31日(金)地方競馬重賞予想】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

①園田競馬/園田ジュニアカップ

◎⑫ガリバーストーム
○⑦アンサン
△②ピロコギガマックス
△⑥ベルレフォーン
△⑤ラッキーライズ

◎⑫ガリバーストームは前走で1700mも難なくクリア。死角が見つからない4戦4勝と言ってもいいでしょう。この中間もバリバリ乗り込んでさらに状態面UP。大外枠も何ら不安なく、すっと好位に収まっての抜け出し快勝。5戦無敗で2歳王者を確定させます。

○は⑦アンサン。正直ガリバーストーム逆転は見込めない現状。母が兵庫ダービー馬とはいえ、父ビッグアーサーの影響が色濃く、本来ベストは1400mでしょう。それでも関西度の高さと、ガリバーストームと同じくこの中間もバリバリ乗り込めているアドバンテージが大きいと見ます。2着は取れる。

ガリバーに勝てる馬はいないとみて、▲はなしで△1番手が②ピロコギガマックス。2走前兵庫若駒賞ではガリバーストームに肉薄。それを思えば前走の敗因が判然としませんが、陣営のコメントを見ると距離ではなく精神面。そこで今回はブリンカーを着用。これで変わり身があれば。以下、⑥ベルレフォーン、⑤ラッキーライズ。

②水沢競馬/桐花賞

◎⑧エンパイアペガサス
○②ヒガシウィルウィン
▲③ツクバクロオー

◎⑧エンパイアペガサスの前走はキャリアの差とも言える競馬。終始折り合っていないように映りましたから、はっきりと地力の差が出た一戦と言えるでしょう。2500mで1.9秒差なら当然距離はオールマイティーですが、この距離の方が走りやすいことは明らか。連勝で決めちゃいましょう。重馬場もいい血統。

○は②ヒガシウィルウィン。JDD勝ちなら2000mも当然(●`・ω・)ゞ<ok!ですが、3走前のみちのく大賞典ではエンパイアペガサスの2着。現状では1600mベストと言わざるを得ませんから、今回も2番手評価が妥当。

ほぼ②-⑧で決まりですから、焦点は3着争い。水沢移籍緒戦の前走3着とまとめた③ツクバクロオー。ロージズインメイ産駒のシブシブ脚ですから、距離延長はいいでしょう。

③笠松競馬/東海ゴールドカップ

◎③ミラクルシップ
○②キーグラウンド
▲⑨トミケンシャイリ
△①グットクルサマー

名古屋から5頭の遠征馬。その中でコース経験と実績を持つ③ミラクルシップが本命。今の笠松は前が有利という馬場ではなく、差しOK、まくりOKの馬場。この馬の特徴、そして鞍上の持ち味がガッチリ噛み合う馬場と言えます。4連勝で重賞制覇へ。

②キーグラウンドは力通りで納得。⑨トミケンシャイリは逃げれば一発。ドサクサ紛れの突っ込み期待は①グットクルサマー。

④高知競馬/高知県知事賞

◎⑥スペルマロン
○⑦サトノグリッター
△①サンライズフォルテ
△③グリードパルフェ
△⑧スコルピウス
△⑪ハルノインパクト

本命は⑥スペルマロン。3連覇の偉業に挑むわけですが、オメガパフュームの東京大賞典4連覇、ダノンレジーナのシンデレラマイル連覇などを見ると、やっぱり適性距離、適性舞台というものは存在しますし、陣営も当然そのあたりを考慮してローテを組んでいるわけです。だから連覇は偶然ではなく必然ということです。

スペルマ撃破があるとすれば、2冠馬ハルノインパクトかと思っていましたが、ちょっとまだ力差は大きいなぁという感じ。完全勝利で高知最強馬をアピール。

対抗以下は血統面から来る長距離適性に期待して、ワークフォース産駒の⑦サトノグリッターと①サンライズフォルテ。ワークフォースは日本競馬にまったく合いませんでしたが、今年のステイヤーズSでようやく重賞ウイナーを出しました。イメージ的にはサドラーズウェルズみたいな感じかな。スタミナ勝負で浮上します。

グリードパルフェは母父メジロマックイーンに期待、⑧スコルピウスはJRA在籍時にダート長丁場に実績。父キンシャサノキセキはスプリンターでしたが、プレザントコロニーが入っていますから実は長距離もOK。⑪ハルノインパクトの前走は58キロが堪えたのか、スタートから進みが悪かったですね。今回は56キロですからパフォUPは間違いないと思いますが、父ヴァンセンヌで、母父がエイシンプレストン。やっぱりこの距離が疑問。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021