【中山競馬/有馬記念2021予想】牝馬の時代に突入しました

いよいよ有馬記念です。

オグリキャップの感動的有馬記念は、こするぐらい見てるし、なんなら競馬を見る前から知っていたレベルですが、競馬と向き合うことを決めてからみた最初の有馬記念は、1993年から。こちらも奇跡の復活を遂げたトウカイテイオーですが、ダビスタから入ったということもあり、私の中では「コウカイテイオー」でしたね。1年振りの復帰ということがどれだけのことか知る由もなく、コウカイテイオーはやっぱり強いんだなぁなんて思った記憶があります。

そしてその翌年がナリタブライアン。3冠馬が強いレースで締め括り、2着に女傑ヒシアマゾン。当時は牡馬>牝馬の力差が歴然としていましたから、ノータイムで馬券からは切り離していましたね。まさかブライアンに真っ向勝負を挑んでの2着とは、競馬の奥深さを知った競馬でもありました。

95年は十字を切っての投げキッスが決まった田原成貴マヤノトップガン。96年サクラローレルは前走の天皇賞・秋でヘグっちゃったノリちゃんが完璧な競馬をして雪辱。97年はクラシック善戦の悔しさを大舞台で爆発させたシルクジャスティス藤田伸二。

そして98/99年が凱旋門賞も勝てたんじゃないの?と思うほど、右回りでは強かったグラスワンダーの連覇。2000年は包囲網を打ち破ったテイエムオペラオー、11年マンハッタンカフェ-アメリカンボスは馬連486倍の大波乱。アニキに頼まれた馬券を飲もうとしていましたが、よく見るとこの組み合わせを1000円買っていたんですよね。あぶなったw

08年ダイワスカーレットは、牝馬として37年振りとなる戴冠。新たな歴史を開いた一戦であり、ここから少しずつ流れが変わってきた印象があります。09/10年2着ブエナビスタ、14年1着ジェンティルドンナは混合GIを勝っていた馬ですからある意味納得でしたが、17年2着クイーンズリング、20年2着サラキアで完全に変わりましたね。

『もう牝馬には逆らっちゃダメ!!』

ということに。

うん十年前は牝馬が牡馬混合のクラシックディスタンスで結果を出すなんて、偉業中の偉業と言われたものですが、近年はもうそんなこと言うヤツはいなくなりましたね。今こんなこと言ったら過去の遺物もいいところ。認識を変える必要があります。今年も有馬は牝馬に注目。

そうなると当然⑦クロノジェネシスということになりますが、これは人気ですからなにをどうこういうつもりはありません。買いましょうねということ。じゃどれよ!?となりますよね。

◎は⑥ウインキートスで。

中山2勝7連対の実績。そして父は冬の中山芝の門番ステイゴールド産駒のゴールドシップ。そしてこの馬は敗戦を糧にするタイプであり、初重賞挑戦だった日経賞は15着と惨敗しましたが、続く目黒記念では8番人気1着。好メンバーが揃った札幌記念9着から、オールカマーでは2着と巻き返しました。かなり負けん気が強いですねw

前走のエリザベス女王杯は10着惨敗でしたが、これがGI初挑戦。ということは2戦目で巻き返してくるこの馬のパターンにハマっています。血統的に馬場が合う、性格的にローテが合う。そしてロスなく運べる内枠もGET。運が向いてきました。勝つかどうかは別にして、2~3着なら十分取れる計算です。

シャドウディーヴァも前走競馬場で見ていましたが、馬っぷりの良さは牡馬相手でも上位。そしてそのジャパンカップは序盤にスムーズさを欠いたわりに、最後の直線ではもう一度盛り返す脚を見せました。今回はハイペース必至ですから、本来の脚を溜める競馬にスイッチ。最後にズバッときても不思議ではないですね。府中牝馬Sのラストは凄かったし。

アカイイトもGI続けて・・・はさすがにデキスギクンですが、父キズナ×母父シンボリクリスエスなら今の中山芝が合うタイプ。案外侮れないかなとも思います。

馬券はウインが軸なら手広く行くしかないですよね。馬連・ワイド総流し。もしくは複勝1本もアリ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク