【佐賀競馬/中島記念2021予想】有馬のあとのグランプリ

おつかれさまです。

いよいよ有馬記念。そして有馬記念日といえば、そのあとに行われるもうひとつのグランプリにも注目。佐賀競馬場で行われる中島記念ですね。毎年楽しみ。

ファン選抜ですから、普段あまりみない私でもさすがに知っている名前ばかり。さすがに波乱は??と思いますが、狙いたい馬が出てきたのでイクしかありません。

1番人気は佐賀移籍後6連勝と負けなしの⑨ドゥラリユール。これが◎は誰もが思うところでああり、実績とレース振りからも、さすがにケチをつける部分がありません。相手探しに専念。

そしてその相手が⑦コンカラー

2走前の韓国岳賞では、ドゥラリュールとスタート直後からマッチレース。その他の馬はカヤの外という競馬になりましたが、最後は力尽きて②着。コレを見るとさすがに逆転は厳しいですが、前走2500mの九州大賞典で先行して③着。キツイ競馬を経験してからの得意距離というローテは、非常に有効打。馬にとっても走りやすいと思うんですよね。

おそらくここもドゥラが逃げる競馬。そしてそれをコンカラーが追いかける展開。強い馬が前に行けば当然有利なわけですから、そのまま行った行ったの展開になるとみます。

①グレイトパールはもっと長い距離がいいですし、②ウノピアットブリオはもう往年の力が見えません。3番手は⑥ランガディア、⑧パイロキネシストあたりかなとみます。

馬券は⑦-⑨の馬連1本。3連なら⑦⑨-⑥⑧番でしょうか。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク