【名古屋競馬/名古屋グランプリ2021予想】JRA勢の順序だけを考える

おはようございます。

パパっといきまっせ。名古屋グランプリ。ダート2500mの長丁場。このレースを迎えるたびに、カツゲキキトキトにとって勲章GETの大チャンスだったよなぁと思い出すわけですが、それだけ騎手の駆け引きが勝敗を左右するとも言えるわけですね。

馬券の対象となるのは、やはりJRA所属馬。過去3年も上位独占ですし、今年もまぁそうなるかなといったメンツ。

②ドスハーツ、 ④ダンビュライト、⑤ライトウォーリア、⑧ケイアイパープル、⑪ヴェルテックス。この5頭の順番だけを考えればOKでしょう。なので消去法でいきます。

ドスハーツは希少なウインバリアシオン産駒。OP昇級後は壁に当たっていますが、長丁場はどんとこいのタイプ。この距離は間違いなく合います。しかし問題は脚質。名古屋の直線は190mちょっと?だっけ。とにかく短いですし、今の馬場は差し一発はなかなか決まらない印象。マクる競馬ができればいいですが、それが決まるかどうかは微妙な力関係。でも3ぐらいは取れそう。アリ

ダンビュライト。前走のみやこSが初めてのダート。前に行く競馬ができたことは収穫ですが、結果は13着惨敗。これは適性云々ではなく、あと数日で8歳と数えられる7歳馬が今からダートに転向してバリバリ戦えるはずないよねってこと。ナシ

ライトウォーリア。前走は思ったほど粘れなかった・・・というよりは脱落が早すぎた印象もありましたが、久々好走の反動&数字以上に厳しい展開が堪えたもの。今回は距離が延びますが、自分のリズムで走れるという意味ではプラスですし、マジェウォ産駒は結構距離が長くてもOK。もう一度言いますが、あくまでも自分のリズムなら案外のことは大丈夫。これはエーピーインディ系によく見られる傾向でもあります。アリのアリ

ケイアイパープル。この馬はもう一言だけ。揉まれ弱いから外目スムーズな競馬ができるかどうかだけ。なので外枠が必須。前走は外目を回れたと言ってもやっぱり1番枠は競馬がしづらい感じでしたね。今回はいいところ。アリのアリのアリ

ヴェルテックス。昨年の勝ち馬マスターフェンサーと同じジャスタウェイ産駒。そしてジャスタウェイ産駒は結構外枠で強い傾向もあります(とこ調べ)。問題はこの距離をどうクリアするか。母はスプリンターのシーイズトウショウ。そして案外器用なタイプではありません。人気しすぎるようならすこし評価を下げることも必要かなと思います。アリのナシ

ということで、馬券の本線は⑤-⑧の馬連/ワイド。あとは②からのワイド②-⑤⑧⑪番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク