【川崎競馬/全日本2歳優駿2021予想】皆さんのことをそっと後押しします

おはようございます。と言っても今は夜中の2時です。

今ごろ夢の中、もしくはパンパンパンパンパンパン!とハッスル中の方もおられるでしょう。

しかし私には全日本2歳優駿を予想しなくてはいけないという使命があります。そう、そっと後押しをしたいのです。参りましょう。

19年1着ヴァケーション、3着ティーズダンク。20年1着アランバローズ、2着ランリョウオー。ここ2年は上位3頭の内2頭が地方馬。中央馬に蹂躙される時代はもう終わりました。もう中央と地方の差はありません。未だに草競馬だから・・・とか言うヤツは、脳が死んでます。

今年も地方勢が狙い目。◎は③ナッジ

この馬は南関東勢ではなく門別所属馬ですから、今回は初めての左回りが鍵に(毎年回り切れない馬がいる)なりますが、こればかりは走ってみないとわかりませんし、この枠、鞍上矢野騎手なら変な形にはならないでしょう。

前走はJBC2歳優秀②着。道中内で窮屈な形で下がってきた馬が捌き切れず、全馬が仕掛けて行く3角手前からかなり追い出しを待たされてしまいました。最後の直線も苦しい位置からインを突かざるを得ず、むしろよく②着まで来たなというのが本音。

距離を延ばして頭角を現してきたところもあって、1600mがどうかという気もしますが、半兄は園田のスプリント重賞の勝ち馬エイシンジョイフル。叔母がセントウルS、アイビスSD制したエーシンヴァーゴウですから、極端に割り引く必要もないのかなと。

ちなみにナッジというのは、よい選択をするように「そっと後押しする」ことらしいです。そう、そうです。結局はコレが言いたかっただけなのです。ファクターアナリシスみたいなもんです。ファクターアナリシスは来たけどw

対抗以下は中央馬を中心に買えばOKでしょう。私はオッズ次第ではありますが、③ナッジの複勝ズドン。もしくは3連複③-①⑤⑨⑩⑪番で行く予定です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク