【大井競馬/勝島王冠2021予想】仲直りのチャンスが巡ってきました

おつかれさまでスマートインパルス。

明日は大井競馬場で「勝島王冠」が行われますね。

1着馬には東京大賞典への優先出走権が与えられますので、いつも豪華な顔ぶれ。昨年の勝ち馬はカジノフォンテンで、2着がノンコノユメ、3着がモジアナフレイバーでした。しゅごい。

今年は正直「超」がつくビッグネームは・・・という感じですが、そのぶん馬券妙味はグイーン!とアップ。何が来ても高配当ですし、何が来ても納得という混戦メンバーでもあります。ということは穴馬にもチャンス。

前日オッズでは⑤コズミックフォースが1番人気でしょうか。ミッドウェイ調整馬らしく、転入後は久々で2勝3連対。大きく崩れたのは3戦目の船橋グランプリカップ13着だけ。やはり使い込まなければ常に勝ち負けというところでしょうか。

あと単複では②セイカメテオポリスも売れてますね。しかも3連系もそれなりに売れていますから、単純な応援馬券ではない感じ。まぁ内枠で脚を溜める競馬が合う馬でもありますから、十分チャンスはありそう。

しかしここは適性を重視して、⑮フィアットルクスに期待します。

前走の埼玉新聞栄冠賞は8着惨敗。終始余裕のない追走で、ペースがぎゅいんと上がる向正面ではまったく抵抗できずに後退。明らかに浦和適性がない馬の走りでしたね。母父ブライアンズタイムと血統的にも緩急のついた流れに対応できるタイプではないということ。これは参考外でいいでしょう。

今回は重賞ブリリアントカップ快勝を含め、7戦7勝と負けなしの大井1800m。大型馬らしく使いつつ良くなってきた感じもありますから、ここは巻き返しの舞台。そして鞍上の本橋騎手とはずっと馬券的相性が良くないのですが、どうやらここで仲直りチャンスが発生。

対抗が⑭ゴールドホイヤー。羽田盃の勝ち馬で大井コースがベスト。前走2着と復活の狼煙も上げました。対抗というか、十分単まであるという手応えですから、こちらの単勝も押さえたいですね。

3番手が⑬マンガン。金盃1秒9ぶっちぎりが鮮やかだっただけに、その後が少し物足りないですが、調教の動きもよくなってきましたし、いつ変わってもおかしくないゾーンには突入したとみます。大味な競馬でイイ感じもありますから、町田騎手とも手が合うイメージ。これの単も押さえたい。

馬券はこの3頭の馬単BOX(連でもOK)とワイドBOX。

以下は人気馬を押さえて行く感じでいいのかなと思いますから、お好きに買って頂ければと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク