【水沢競馬/トウケイニセイ記念2021予想】1600m変わりで笑顔

おつかれさまです。

今日の重賞は、水沢競馬場で行われるトウケイニセイ記念。普段はあまり触らない競馬場ですが、重賞ぐらいは・・・ですね。

人気の中心となりそうなのは、③ヒガシウィルウィン。これまでの実績を思えば、やはり岩手ではまだまだ地力上位。笠松遠征を取りやめたことで再び間隔があきましたが、前走も3か月ぶりでの快勝。まぁ相手探しかな。

その相手として指名したいのが、⑨グランメガスマイル

少し勝ち味に遅い感じはありますが、前走の北上川大賞典は明らかに距離不向きの2500mでも4着と頑張りました。今回は①①②②②③③③④⑤着と、これまで一度も掲示板を外していない1600m戦。これなら。

そしてちょっと注目したいのが血統。母アルファメガハートは芝2000mで2勝ですが、祖母が重賞2勝馬アルファキュート。外連味の無い逃げ脚が持ち味で、サファイヤS(エリザベス女王杯のトライアル)を7馬身独走。意外性のあるお馬さんでしたが、その母父がシルバーシャーク。実はこれがミソ。シルバーシャークは母系に入ると実に好影響を与える種牡馬で、有名どころでいえば、あのオグリキャップの母父がシルバーシャークでした。

冬場は調教をしっかりと消化している馬がいい傾向にありますから、この馬は合格。軽めの調整ですが、時計を出してきました。

相手もまず時計を出している馬ということで、③ヒガシウィルウィン。④プロヴィデンス、あとは高知から移籍の①ツクバクロオー。⑨-③④①が本線、あとは⑪タイセイブラスト、②サンエイムサシまで。

+

スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク