【船橋競馬/クイーン賞2021予想】ミッドウェイのニュープリンセス?

スポンサーリンク

おつかれさまです。

今開催の船橋は馬場がとにかく特殊。洗浄の効果かどうかはさておき、とにかく「ワケワカラン」の一言ですが、強いて言うならラチ沿い、前、インがいいのかなという感触。急に差し差し馬場になっちゃったらゲームセット。

1番人気はサルサディオーネでしょうかね。斤量56.5キロがどうかですが、今回は走り慣れた左回りになりますし、長距離輸送もありません。枠も内目のいいところ。

2番人気になりそうなのがウェルドーン。関東オークスを勝ち、ジャパンダートダービー3着。復帰戦のレディスプレリュードも3着ですから、ひとまずは合格点がつくわけですが、でも爆発力を欠くなぁというのも正直な所。現に関東オークス、ジャパンDD組はその後がパッとしませんから、案外この路線の3歳勢はレベルが高くない・・・とも言える気がします。

エリザベスタワーは初ダートの最内枠。キングマン産駒といえばシュネルマイスターですが、産駒は大半が芝向き。この馬も適性は芝だと思いますから、今回は苦戦しそう。でも船橋のダートは軽いので他に破綻があれば、3ならは・・・という期待もあります。

リネンファッションは安定株ですが、地方ダートではちょっと信頼度が落ちるルメール騎手。距離が延びるのも決してプラスではないですし、プリティーチャンスも終い一辺倒で馬場が合うか微妙。

と色々と難癖をつけて、⑦ダイアナブライトを何とか来させようとしているわけですが、今回が転入緒戦。中央→地方へ転入と聞くとあまりいいイメージを持たれない方も多いかと思いますが、この馬は違います。むしろ転入大歓迎。なぜなら今回からミッドウェイ調整馬になったからですね。

ミッドウェイは坂路でバリバリで仕上げる手法。だから大半がマイラーへとシフトチェンジしていきます。おそらくダイアナブライトも今後はマイル路線が主戦場となるはずですし、案外小足が使えるタイプ。小回りコースもたぶん得意の部類。そして鞍上にいま南関東で最も熱い信頼を寄せることができる笹川騎手。斤量53キロも加味すれば、十分勝負になる計算。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク