【名古屋競馬/ゴールドウィング賞2021予想】絶好枠でうぉりゃぁぁ!

おはようございます。

本日から楽しい楽しい名古屋競馬。そして重賞「ゴールドウィング賞」が行われます。笠松からの遠征馬もいますし、いい競馬を期待したいですね。

個人的に期待しているミトノオオイは、前走でハナに行けないと脆いことを証明してしまいました。ということは、今回は何が何でもハナ。その形が取れる枠でもあります。しかし前走ミトノのハナを叩いたのがパピタも徹底先行型。前走と同じく外からグイーン!と切れ込んでいくはず。その他にも前付けの馬がチラホラ。ここは平均以上のペースになるとみます。

なら狙いは速いペースで折り合いがついて、外枠がいい⑩レイジーウォリアー

マジェスティックウォリアー産駒は脆さ同居のタイプが多く、勝つときは鮮やかですが、負ける時もアッサリというのが大半。中央でいえばスマッシャーとかはそんな感じですよね。

この馬もそのタイプで、圧勝か惨敗かの性格。そして圧勝できるときの条件となるのが、外枠ですね。今回もいいところがあたりました。外目すんなり先行。距離もこなしたので連勝で決めます。

対抗が⑩ドミニク。今回は笠松からの遠征競馬。まだキャリアの浅い2歳馬ですから、平常心を保てるかどうかがポイントにもなりますが、今年の笠松トーセン勢はとにかく粒ぞろい。この馬もかなりの素質を感じさせますし、息の長い末脚は今回のペースにドンピシャ。ごちゃつかない外枠もいいのかな。あとは鞍上のやる気だけ。

◎⑩レイジーウォリアー
○⑪ドミニク
▲⑫エムエスムーン
△⑦プライムデューク
△⑤コンビーノ
△④ホラン

展開が苦しいとみた③ミトノオオイ、⑨パピタはヌケにしますが、案外ペースが落ち着いたらこの2頭で決まる可能性が高いので、そうなったら地獄ですねw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク