【園田競馬/兵庫ジュニアグランプリ2021予想】ラブリーデイの当たり年とします

スポンサーリンク

お疲れさまでっす!!

今日は園田競馬場で兵庫ジュニアグランプリですね。2歳重賞ですからナンデモアリとも言えますが、まぁ難しいです。

人気はJRA勢⑤コンバスチョン、⑩セキフウ。あとは道営勢ですかね。地元・園田勢は少し劣勢かなぁという感じ。

近年の勝ち馬はいずれもJRA所属馬で、今年もそうなりそうな予感がムンムンですが、◎は⑧プライルード。大井・藤田厩舎所属馬ですね。

門別デビューで新馬戦をぶっちぎり。その後重賞2戦は②②着ですが、前走の勝ち馬は重賞2勝馬のレディーアーサー。これは現時点での完成度の差でしょう。父ラブリーデイ、母アンソロジーがポップロックの妹にあたりますから、ここからの上昇カーブはエグイものがあります。

ラブリーデイ産駒は期待ほど走れていない気もしますが、今年の2歳は豊作。南関東2戦2勝のラブリーホライズンは間違いなく超逸材ですし、もちろんこの馬もかなりのところまで行けそうな手応えがあります。

今回からミッドウェイの一員になりましたし、前走後は天栄で鍛錬を積んできました。パワーアップは間違いないでしょう。鞍上に地元の大エース・吉村騎手。これだけでも期待値の高さが伺い知れますね。

対抗が⑤コンバスチョン。長距離輸送がある関東馬はあまり買いたくないのですが、このレースに限っては不思議と関東馬が良く走るんですよね。それだけ輸送の技術が向上しているということでしょう。ヤマボウシを勝っての参戦は、昨年のデュアリストと同じで時計も互角。机上の計算では楽に勝ち負けということです。

単穴が③エンリル。アジアエクスプレスはヘニーヒューズの小型版という感が拭えないんですが、1200~1400mの速力勝負なら軍配が上がります。前走は相手強化もありますが、やっぱり距離が長かった。ベスト距離に戻せばこの相手でも…の期待感はあります。

まとめ

◎⑧プライルード
○⑤コンバスコン
▲③エンリル
△⑩セキフウ
△⑦トモノボーイ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク