【門別競馬/道営スプリント2021予想】ポイントはマヤノトップガン

スポンサーリンク

お疲れ様です。

JBCという大祭は終わりましたが、まだ祭りの灯は消えていません。

今日は門別競馬を締め括る大一番。道営記念・道営スプリントの重賞2本立て。今年はあまり門別の予想でお役に立てることがなかったですから、最後はビシッと行きたいですね。

まずは11Rの道営スプリントから参りましょう。

◎⑫メイショウアイアン
○②イダペガサス
▲⑩ジャスパーシャイン
△④スマートアヴァロン
△⑦メイショウミズカゼ
△⑪スティールペガサス

本命は⑫メイショウアイアン

2020年の北海道スプリントカップで、マテラスカイを退けて交流重賞初勝利。しかしその後はウポポイオータムスプリントの1勝のみ。11歳ですから正直下り坂は否めないんですが、使いつつ調子が上がってきたことも確か。

そして腹を括っての終い勝負がスタイルですから、ゴチャつかない、捌きやすい外枠がよく、北海道スプリント2、1着もともに2桁馬番。今回の大外12番枠は絶好枠と言っていいでしょう。

種牡馬マヤノトップガンは、超一流馬を送ることは叶いませんでしたが、プリサイスマシーンなど高齢になっても能力減が少ないというのが特徴。この馬もまさにそのタイプ。過去5年でアイアンの2着2回に、17年2着タイセイバンデットが母父マヤノトップガン。その他にもブライアンズタイム系の好走馬も多く、スピードだけでは乗り切れないことを示しています。このレースはマヤノトップガンがポイント!!(無理やり)

メイショウアイアンが勝ったら、田原成貴twitterが動かないかなw

対抗以下は人気通りですが、⑨アザワクと⑤ソロユニットの姉妹はどうしても1200m向きと思えないので、今回は軽視しました。ここまで相手が上がるとやっぱり長いと思うんです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク