【金沢競馬10R/JBCクラシック2021予想】わいはカジノフォンテンが好きなんや

スポンサーリンク

ではJBCを締め括るクラシック。いい面子ですね。

◎⑨カジノフォンテン
○④テーオーケインズ
▲⑤ダノンファラオ
△③オメガパフューム

本命は⑨カジノフォンテン

帝王賞は10着惨敗。スタート一息で出足もつかず、押して押してのハナ。1角手前では主導権を握れましたが、息を入れるヒマもなく、ダノンファラオ、オーヴェルニュにビッシリと来られる厳しい展開。

ラップを見ると

《12.1-11.6-12.1-12.5-12.5(前半60秒8)-12.3-12.3-12.9-12.0-12.4(後半61秒9)》

前後半1秒1差ですが、道中1度も楽をする場面がなかったですから、これは逃げたカジノにとって地獄のような展開。最後ノンコノユメが飛んできたところを見ても、間違いなくハイペース。

そして逃げ馬が負ける時というのは、大体こんな感じですから、この一戦だけでGI格2勝の看板にキズが付いたとは言えません。まだピッカピカよ。

今回もダノンファラオがいますが、前走の日本テレビ盃では好位からの競馬で2着。徐々にシフトチェンジしていますから、ここで積み上げてきたキャラを崩すことは考えられません。競り合いはなし。

対抗は④テーオーケインズ。

帝王賞で一気に頂点まで上り詰めた新星。しかし鞍上の松山騎手のファインプレーがあったことも確か。あの日はインが伸びる馬場で、松山騎手は最後までインに拘ってましたからね。真っ向勝負でどうか?とみて、対抗評価に。

単穴が⑤ダノンファラオ。

元々は素質だけで走っていた印象で、勝つときが鮮やかなら負ける時も鮮やかだった馬。それが一戦ごとに競馬を覚えさせて、前走は非常に味な競馬。鞍上は横山武騎手。2週連続GI制覇の勢い、そしてエフフォーリアで下したコントレイルの矢作厩舎の馬でGI勝利。十分ありますねw

△は③オメガパフューム。

GI格4勝の王者。まだ6歳ですから、当然枯れてくることもありません。とすれば、前走の帝王賞の敗因は何だったのか?ということですが、これは明らかに状態面でしょう。

この馬は坂路で仕上げるのですが、帝王賞の時は坂路+CWコースの併用。息を作るためにコース追いをしたのだと思いますが、言い換えてみれば、それだけ急仕上げだったということ。正直、体も緩く映りましたから、到底力を出せる状態ではなかったと思います。今回は本来の調整法でしっかりと立て直してきました。見直せるはず。

①チュウワウィザードは骨折明け。まぁ久々でも動く馬ですから、間隔があいた点は問題ありませんが、金沢コースは微妙。しかも最内枠。この馬はスタートも速くないですから、走れる条件とは思えません。

⑦ミューチャリーは前走の白山大賞典で2着。ひとつの壁は超えたとも言えますが、さらに相手強化のここではいつもの「来ても4着」キャラに逆戻りでしょう。いくら吉原騎手でも厳しいと見ます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク