【門別競馬5R/JBC2歳優駿2021予想】今年も地元勢に凱歌

スポンサーリンク

では続きまして、門別競馬場行われる『JBC2歳優駿』の展望を。

昨年が第1回目でしたが、地元ラッキードリームが1着。そして2着も地元のトランセンデンス。3着にJRA所属レイニーデイが入り、やっぱり「門別最強」を見せてくれましたね。

おそらく今年も門別勢が中心。最近はJRAも使い出しが早くなりましたが、やはり門別には勝てません。実績とキャリアが違います。

そして昨年の上位馬を見ると、ラッキードリームは今年の道営三冠馬に。2着トランセンデンスは南関東移籍後、ニューイヤーCを勝って重賞初制覇。クラシック1冠目の羽田盃を制しました。その他にも東京ダービー3着ブライトフラッグや、西日本ダービー馬ギガキングの名前もあって、『中長距離路線で走ってきそうな馬』を探せば当たるのかなと。

そう考えると、アジアエクスプレスやタイセイレジェンド、マクフィ、ヘニーヒューズ、プリサイスエンドではないということですね。

⦿は④ナッジ

一世を風靡したアイドルみたいな名前をしていますが、父フェノーメノ、母父オペラハウスという超本格派血統。半兄が重賞6勝馬エイシンエンジョイですから、1本筋の通った血統とも言えますね。

新馬戦は1000mで7番人気6着。3戦目の1200mで勝ち上がりましたが、本来の能力をむき出しにしてきたのは、3走前に使った1700mから。それまでと道中の反応がまったく違いましたし、3連勝で重賞制覇は実力+適性がなければできない芸当。

昨年の勝ち時計が、1分53秒4。ナッジの前走が1分53秒9ですから、かなり近い所までは来ていますよね。まだ上積みがあるとみれば、当然時計短縮も可能。今年も地元勢ですね。

⦿④ナッジ
○⑧リコーヴィクター
▲⑨モーニングショー
△⑤コマノルカン
△⑩オディロン
△⑪ファーガス
△⑬シャルフジン

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク