【園田競馬/楠賞2021予想】今度こそドピュっとイグナイター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

園田11R 楠賞

◎③イグナイター
○⑤ワールドリング
▲⑧エイシンビッグボス
△④トミケンシャイリ
△②ブラックマンバ

地方交流競走として4年目。1着賞金2000万円と、地方重賞としては異例の高さ。どうしても遠征馬のレベルが高くなるのは仕方がなく、過去3回を見ると、門別勢が2勝、南関東勢が1勝。今年の遠征馬もかなりのハイレベルですが、地元勢も黙ってはいないぜの顔ぶれ。

◎は地元園田の③イグナイター

前走の秋の鞍は1番人気2着。スタートで半馬身出遅れたことで、序盤の位置取りが上手くいかなかったことが敗因のすべてでしょう。そして砂を被るのを嫌って外へ持ち出したのが向正面でしたから、さすがにこれは早すぎたと言わざるを得ません。全体的にチグハグな競馬だったことは確かです。

今回は田中学騎手が鞍上。笹田騎手が下手ということはありませんが、こういうスムーズにレースの流れに乗せないといけない馬には、間違いなく田中学騎手の方が合っています。

遠征馬の多くは直前ビッシリと攻めてきたように、渾身の仕上げ。でもこの馬だって前走は輸送を考慮して軽めの調整でしたが、今回はしっかりと追い切ってきました。状態面の上積みを期待していいでしょう。今度こそ思いっきりイグ!ナイターです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする