【中京競馬/神戸新聞杯2021予想】意地でもねじ込む人気薄

お疲れサイクロトロン。

今週から中央競馬の重賞もできるだけブログで書いて行こうと思ったので、気力が削がれるうちに更新します。まずは神戸新聞杯から。

注目はダービー馬シャフリヤールで異論なし。頭数も手頃ですし、時計も出る速い馬場。母系が短距離志向で兄アルアインも2000mまでの馬だったので、こちらも本質的には中距離ランナーでしょう。切れすぎるあの走りをみてもね。

なので距離が短くなるここは軸不動。アクシデントがない限りはまず負けないとみて、3連単の頭固定でいきます。では相手をどうするか?

素直に実績通りなら、⑤ステラヴェローチェですよね。皐月、ダービー3着馬。

でもですよ?

意外と戦績ほど強くはないのでは?という思いもあるんですよね。(ダービー◎だったけど)

重賞勝ちはサウジアラビアRCの1勝ですが、当時の2着馬インフィナイト、3着セイウンダイモス、4着ジャンカズマはその後もずっと足踏み状態。5着キングストンボーイ、9着ピンクカメハメハ、10着ダディーズビビッドの名前もありますが、全体的にはレベルに疑問もつきますよね。なので、来ても3までとします。

サウジを低レベルと言ってしまった以上、当然キングストンボーイの評価も下げなくてはいけません。普通に成長してるからそんなことないだろ!とパワープレイに持ち込んでもいいのですが、私の矜持が許しません。こちらも来ても3までとします。

残るのは②ワンダフルタウン、⑦レッドジェネシス。どちらも重賞勝ち馬ですから、これが普通に2着に・・・と見てもいいんですが、神戸新聞杯は夏場を使ってきた馬が来るという傾向もあります。昨年3着のロバートソンキーなんかはそうでしたよね。ということで、実績組よりも夏の暑い時に頑張ってきた馬を2列目にチョイス。

イクスプロージョンと④モンテディオの2頭が高配当の使者となってくれるはず。

イクスは2200m③②①⑤着。2走前はこの舞台快勝でしたし、スローだったこを思えば時計もまだまだ短縮可能。前付できる脚もあり、逃げ馬不在のここは強気の競馬があってもいいでしょう。近藤オーナー縁の血統馬。馬名の意味は「爆発」だとか。そんな走りに期待ですね~。

モンテは四位厩舎が送る期待馬でしょうか。現役時代にこの神戸新聞杯と相性が良かったなぁと思い見返してみると、フサイチソニック、ディープスカイ、イコピコで3勝もしていました。だから何?という話ですが、勝負事にはそういう運も必要だったりします。

馬自身は前走札幌芝2600mで快勝。自力で動いて4角先頭からの押切りと結構強い競馬をしてくれたと思います。距離も相手も違いますが、持ち味のロングスパートが決まるようなら、粘り込みがあってもいいかなと。ジャスタウェイ産駒は勢いに乗って強いしね。

ということで、馬券は3連単絞り馬券。

⑩→④⑧→②③⑤⑦番(8点)。安全策なら3連複⑩-④⑧-②③④⑤⑦⑧番でもいいのかな。そのあたりはお好きなように組み立ててもらえればと思います。ワタシは馬券買わないのでw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク