【浦和競馬/テレ玉オーバルスプリント2021予想】差し馬に穴馬の資格

おはようござインターライナー(日経賞)。

浦和競馬場で行われる、第32回テレ玉オーバルスプリントの予想記事になります。昨日は白山大賞典がワイド的中ですから、まぁ二塁打ぐらいですかね。門別は三球三振でしたが、今日こそ特大ホームランを狙いたいですね。「トコアナサーン!!」です。

オーバルスプリントは交流重賞とはいえ、結構地方勢の活躍が目立ちますね。近5年の上位3頭を見てみると、必ず1頭は地方馬が入っています。もはや、中央>地方という格差は存在しません。傾向に沿ってここも地方馬軸でいきます。

逃げるのは⑩アランバローズですが、⑧グランドボヌールも行ってこその馬。しかもグランドは地元の小久保厩舎。そう簡単に引くことはできません。そこに②ベストマッチョ、③サクセスエナジーもスタート次第ではありますが、酷量59キロを背負っていますから、やっぱり前に行きたいはず。

①ラプタスはここ2戦逃げ切りですが、元々控える形も問題なかった馬。無理に付き合う必要はありませんから、前を見ながらの好位。⑫テイエムサウスダンも好位OKですから、前の組で展開利があるのは、①ラプタスと⑫テイエムサウスダンの2頭でしょう。なのでこの2頭を相手にして・・・

本命は⑤ハイランドピーク

前走の浦和スプリントは1番人気7着と崩れましたが、転入緒戦のさきたま杯5着。上がり36秒5はメンバー2番目の記録で、勝ち馬アルクトゥスを凌ぐものでした。まだまだやれる手応え、感触を十分に感じさせてくれました。予想される乱ペースに乗って差し込めるという期待で。

馬券はワイド、3連複ですかね。

⑤-①⑫-全ですねw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク