【門別競馬/イノセントカップ2021予想】今日も穴をこじ開けて捻じ込みます

スポンサーリンク

おはようごザイマカ。

昨日の戸塚記念は、たくさんの方にお礼と拍手、そしてサポートを頂きました。ありがたい。

確かにセイカメテオポリス◎はインパクトがあったと思いますが、何より嬉しかったのは、マイナス体重で出てきたこと、そしてインを巧みに使った競馬で勝ち切ったこと。こちらの願い通り、思い通りの競馬になったことが、とにかく嬉しかったですね。競馬は当たりはずれだけじゃないんだよ?ということを証明できたのかなと。やっぱり競馬は面白くて奥深いですね。

さて今日は門別競馬場で重賞が行われます。2歳重賞「イノセントカップ」。

毎年ハイレベルな門別2歳勢ですが、今年もめちゃんこハイレベル。ここも主力となるのは、栄冠賞組ですが、4着シャルフジン、5着リコーヴィクターが次走重賞を快勝ですから、2着だった⑦プライルード、3着だった②レディーアーサーは当然勝ち負けの期待。

エイシンシュトルムは2戦2勝の1200mに戻ってきましたし、門別縁の血統③クラサーベルも一戦ごとに地力強化を感じさせる内容。頭数は少なくても、どこからでも入れる顔ぶれと言えそう。

◎は④バウチェイサー

新馬戦で1秒ちぎった相手がレディーアーサー。栄冠賞は13着惨敗でしたが、その後も休みことなく競馬を使って地力強化。そしてようやく形になってきたのが、2走前ですかね。結果的に3秒2離れた6着惨敗でしたが、外目をグイーンとマクって行く競馬は非常に中身がありました。

そして前走はブリンカーを着用しての競馬。同じように外目を動いていく競馬となりましたが、決定的な違いは押して押しての2走前から一転、スーッと馬なりで上がって行けたこと。この集中力がブリンカー効果でしょう。

今度はもう少し溜める競馬ができそうですし、メリハリの利いた競馬ならここでも十分通用するはず。連闘は意欲の表れとも言えます。調教もよく動きました。

イノセントカップまとめ

◎④バウチェイサー
○⑦プライルード
▲②レディーアーサー
△①エイシンシュトルム
△③クラサーベル

馬連④-⑦②①③
3連複④-②⑦-①②③⑤⑥⑦

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク