【川崎競馬/戸塚記念2021予想】高配当を逮捕します

スポンサーリンク

おはようごザイーテン。

今日の川崎メインは戸塚記念。ダート2100mというのが、また頭を悩ませてくれますね。

注目は何と言っても①キャッスルトップでしょう。

世紀の大逃走となったジャパンダートダービーですが、2分5秒9の走破時計は歴代の勝ち馬と遜色はなく、決してフロックとは言えないもの。

バンブーエール産駒は意外と距離が伸びても大丈夫ですし、重賞連破となれば、秋に夢が繋がります。イン有利の川崎で①番枠は絶好枠。ここも逃げの一手でしょう。

黒潮盃を正攻法の競馬で3馬身圧勝の⑩ジョエルも重賞連破に意欲。前走は距離短縮がハマったとも言えますが、大外枠を克服しての勝利は何よりの自信となります。

ダービー、JDDでは腹帯から下が真白になるぐらいの発汗が目立ちましたが、前走はそんな面も一切ナシ。一戦ごとの上昇度はキャッスルに負けず劣らずのものがありますから、逆転の目もありますね。あとは距離だけ。

ダービー2着の⑨ギャルダルは、ホッコータルマエ×ネオユニヴァースの本格派配合。勝ち味に遅い面はありますが、常に正攻法の競馬で完全燃焼タイプ。ミューチャリーに先着と、仕上がりも良さそうですね。

羽田盃の勝ち馬⑦トランセンデンス、⑤ギガキングは距離延長がポイント。⑧ブライトフラッグはJDD7着止まり。それでも差は0秒5差ですから、地元馬同士なら…でしょう。前走のミッドウェイの坂路を駆け上がる強靭な脚力が未だに脳裏を離れません。

サヨノグローリーは、黒潮盃10番人気4着。ブログでも渾身の◎だったので悔しくて悔しくて…夏でしたが、今回もロスなく運べればですね。

とツラツラ書いてきましたが、◎はこの中にいませんw

ツイートもしましたが、『リスクを冒さないことこそ最大のリスクだ』の満島ひかりを見習って、ワタシもここはリスク?を承知で狙っていきます。

◎は②セイカメテオポリス

暮れの鎌倉記念を強烈なイン強襲で2着。クラシックへの活躍を期待させるものでしたが、3歳緒戦の京浜盃6着。続く羽田盃5着、ダービー13着、JDD11着と結果を残すことができませんでした。

鎌倉記念のレベル、そして距離適性が判然としないことなど、敗因は種々ありますが、一番は『馬体重』でしょう。

鎌倉記念が514キロ、そして3歳になっての4戦は529~533キロ。もちろん成長分もありますが、どう見ても体が緩いんですよね。いかにも仕上げきれていないという印象で、その証拠に常に調教も馬なりだったんですよね。

しかし今回は目一杯に追って時計も短縮。ここ最近では一番のステップですし、インで脚を溜められる絶好。穴馬券の背中は見えています。あとは捕まえるだけ。

最大のリスクは『本当に体が絞れて来るか?』という点。-10キロ以上なら買い、そうでなければスルー。これで行きたいと思います。

戸塚記念まとめ

◎②セイカメテオポリス
○①キャッスルトップ
▲⑧ブライトフラッグ
△⑩ジョエル
△⑨ギャルダル
△⑦トランセンデンス
△⑤ギガキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク