【名古屋競馬/秋桜賞2021予想】鉄板ローテだぞ♪

スポンサーリンク

おつかレマンコ。

パパッとになりますが、名古屋メインの秋桜賞を。

◎は②ステラモナーク

これまで地元馬同士なら何とか我慢もできていましたが、他地区勢も加わった前走の兵庫サマークイーン賞で、1700mは長いということが確定。いや、前から確定はしていましたが…。

名古屋1400mは若草賞1着、秋の鞍2着で〔1-1-0-0〕。そしてタイトルにあるように、この馬は距離短縮が鉄板ローテ

これまでの距離短縮時の成績が〔2-2-0-0〕。すべて連対していて、前走1700→今回1400mは、走ってくださいどうぞどうぞのダチョウ倶楽部状態。枠も絶好枠があたりましたし、砂を入れ替えた今開催の名古屋は、とにかく前が有利。この馬のスピードを生かす競馬がドンピシャリでハマります。

○は⑤グランデストラーダ。さすがにJRA勢相手に3着と奮起した前走のスパーキングレディーを評価しない手はありません。前付できる脚もアリ。

▲が①ロカマドール。前走は3角過ぎまで離れた最後方。ほぼ直線だけで4着まで来た競馬で、出遅れなければもう少し差は縮まったかなとも。でもまぁ1700mよりも1400m向きでしょう。父ロードカナロアですから、言ってしまえばこの馬だって鉄板ローテ。単勝は買いましょう。

以下△が、イン突き穴気配の③ラブリーイレブン。やっぱり侮れない兵庫勢⑧カリブメーカー、特に軽視する必要性がない⑫シーアフェアリー。ここまでですかね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク