【新潟2歳S2021予想】ゴルシだ!ウインだ!ピクシスだ!

おつかれさまです。

明日の新潟メインは、2歳王者を決める一戦。

ジャスタウェイ、ハープスター、イスラボニータの出走で一時期は「大物輩出」の出世レース的な位置にまで格上げされましたが、近年の上位馬は軒並みその後尻すぼみ。求められるのは仕上がりの早さ。結局はここに落ち着いたような気がします。

では今年のメンバーを見ながら、つらつらと・・・。

1 セリフォス
2 クレイドル
3 ウインピクシス
4 タガノフィナーレ
5 スタニングローズ
6 オタルエバー
7 クラウンドマジック
8 アライバル
9 キミワクイーン
10 サイード
11 コムストックロード
12 グランドライン

セリフォス。中京芝1600mで新馬勝ち。前半13.1と緩やかに入りましたが、中盤からペースアップ。終盤5F≪11.7-11.7-11.6-11.3-11.5≫とすべて11秒台が並ぶ厳しい展開を、正攻法の競馬で1馬身完勝は、着差以上の強さ。父ダイワメジャー譲りの筋肉質の馬体。マイルがベストでしょう。

クレイドル。東京芝1600mで新馬勝ち。牝馬にA級馬が多いクロフネ産駒。新馬戦はタイム差なしの辛勝でしたが、いかにも操縦性の高さを感じさせる競馬で、完成度という点でも一歩リードという気がしました。兄が皐月、ダービー3着のステラヴェローチェで、叔父がゴスホークケン。筋の通った血統。単穴評価。

ウインピクシス。福島芝1800mで新馬勝ち。父ゴールドシップ×母父ロージズインメイという、シブシブオモオモ血統に馬を新馬勝ちさせちゃうあたりが、この軍団の凄さとも言えますが、馬体をコンパクトにまとめて、レースでもスッと前付して押し切る優等生の競馬でした。

「少しやんちゃなところがある」とのことですが、まぁこの血統ならそれぐらいでちょうどいいですよね。先々までの期待も含めて◎。

タガノフィナーレ。新馬→ダリア賞3着。前に行くスピードがありますし、エピファ×ハーツなら新潟どんと来いとも言えますが、前走すでに力差を見せてしまった感も。見送り。

スタニングローズ。ロゼカラー、ローズバドから繋がる『薔薇の一族』。切れる末脚が代名詞の血筋ですから、新馬・未勝利とも上がり最速はある意味納得。久しぶりに「ローズ」が馬名に入る馬ですから、期待値の高さもあるでしょう。新潟マイルは合うイメージ。

オタルエバー。この夏の新潟で、最もインパクトの強かった新馬戦がこの馬。すんなりと主導権を握り、800m通過48秒7→1000m通過61秒1のスローペース。

その中でもしっかりと折り合いをつけて、ラスト3Fは≪11.5-10.7-11.3=33秒5≫でまとめて後続に4馬身差。一般的にスローは着差がつかないと言われますから、この着差は大差と見ていいでしょう。

死角があるとすれば、リオンディーズ産駒は使ってパフォーマンスダウンのタイプが多いということ。中間の調整を見ると特に不安要素は感じませんから、まぁ大丈夫でしょう。対抗。

クラウンドマジック。新馬戦は7番人気1着。勝ち時計も平凡で評価が難しいところですが、追っての味は確か。新潟コースはプラスに働きそう。父エピファネイア、母クラウンドジャックは芝1400m1勝でしたが、その母が重賞2勝馬ゴールデンジャック。スターリングローズ、サイドワインダーと走る下地はありますから、案外やれるかもしれません。

アライバル。東京芝1600mで新馬勝ち。多少出負けしましたが、すぐにリカバリー。直線追い出されるとバランスを崩すような場面もありましたが、ラスト3F≪11.4-11.3-11.4≫で後続に2馬身差。馬っぷりの良さ、そして伸びのあるフットワークは、いかにも一流馬のソレ。間違いなく来年のクラシックに乗ってくる器ですが、本質的には1800~2000mの中距離ランナーのイメージ。重賞の1600mでは差し届かない可能性もありますから、今回は△で。

キミワクイーン。母チェリーペトルズは芝1200mで2勝。芝1400mで新馬勝ちですから、母よりは距離に融通性がありそうですが、前半600m39秒0の超スロー。スタミナが問われない流れだった点には注意したいですね。やはり1600mは長い気がしますから、無印で。

サイード。姉にベルカント、イベリスがいる快速血統。父がキズナに変わり、多少スタミナが補完されたとも言えますが、やっぱりベストは1200~1400mでしょう。ここは経験。

コムストックロード。新種牡馬シルバーステート産駒。ビッグレッドらしく、仕上がりが早くすでに3戦を消化して、4、1、2着。自在に立ち回れる器用さがありますが、総合力という点でどうか?の懸念。ダリア賞組も過去10年〔0-0-0-20〕と大不振。

グランドライン。ドゥラメンテ産駒は意外と新潟で走っていますし、母父ディラントーマスですから、近年のパワー重視の傾向に合致する1頭。しかし前走の福島未勝利は、かなり低調な一戦でした。4、5着まで来れたら上々・・・と言う気がします。

つらつらと書きましたが、馬券の買い目は③ウインピクシスから馬連・ワイドでいいかな。オッズ的にも。あ、もちろん単複は必須ですよ!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク