【新潟競馬/NST賞2021予想】マリンちゃんリーチ!?

おつかれちゃんです。

なんとなくNST賞のブログでも書こうかなと思った次第です。自信があるとかそういうことではありません。気の迷いレベルです。

新潟ダート1200mのオープン特別。韋駄天揃いの顔ぶれで、どう見積もってもハイペース。それでも前が残ってしまうのが新潟ダートの特徴でありますが、これだけ揃うとズバッと差し差し決着も・・・なんて考えてしまいますよね。難しい。

デュアリストの端午Sは、2ハロン目から≪10.4-11.0-11.7≫と殺人的ハイラップ。むしろよく1秒差の6着に踏み止まったなぁという印象で、これなら当然距離短縮は大歓迎ですね。ハンデも53キロ。控える競馬もいいですが、優等生の競馬を求めれば、ミッキーアイルの狂気が発動しちゃう可能性もありますからね。ゆるりと逃げる手ならOKでしょう。

サイクロトロンはクラスターC2着と充実級。成長確かなロードカナロア産駒らしいと言えますが、盛岡・阪神と坂コースで脚力を生かすタイプ。平坦の新潟なら周りも速いですし残りますから、適性の差が出るような気もします。と言っても上位級の評価に変わりはありませんが。

トウカイエトワールは、ここまで〔4-0-1-2〕と底を見せない魅力。父が早枯れ傾向のヘニーヒューズですが、母トウカイミステリーは5歳時に北九州記念を制覇なら成長力はがっつり補完済。前走はハイペースを難なく押し切って1分9秒9快勝。時計面ではヒケを取りません。

ウルトラマリンは、ダート短距離の神とも言えるサウスヴィグラス産駒。前走の川崎スパーキングレディーは7着惨敗でしたが、逃げたサルサディオーネが後続を6馬身突き放す競馬。2番手追走は厳しく、エキサイトしないようにブリンカーを敢えて外して臨んだ1戦でしたが、やはり距離が長かったですね。今回はベスト距離に戻してブリンカーも再装着。自然と溜める形で上位進出とみます。

ということで、本命は赤文字の⑪ウルトラマリン。対抗は①デュアリスト、単穴が⑨トウカイエトワールで、△に③サイクロトロン。これでなんとかならぬものか、のう?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク