【佐賀競馬/霧島賞2021予想】

おつかれさまです。

霧島と言えば大関。そしてツッパリ。そしてちゃんこや。そしてジンギスカン。ジンギスカンは食べに行ったことあるけど美味しかった。ということで、霧島賞の予想を書いてみようと思います。

今日の佐賀競馬場の馬場は不良。魚でも釣れるんじゃないの?というぐらいに雨が溜まっていますが、レースを見ていてもやっぱり時計勝負。持ち時計上位の馬が上に来るというイメージ。そして当然JRA勢中心。

②イロエンピツは、佐賀の交流2連勝中。前走のたんぽぽ賞は良馬場29秒0の好時計。前に行けて時計もある。そして鞍上がスーパールーキー飛田騎手。3連勝が濃厚とみますが、ここから行っては配当面の期待は極薄。サガミのアレぐらい薄い。

ということで本命は①テイエムラッシュ

前走は2着馬に1秒差をつける圧勝。昨年の霧島賞は2人気4着でしたが、おそらく今年の方が状態、そして地力強化が見込めますから雪辱のチャンスかなと。良馬場28秒9の持ち時計も光りますし、昨年とまったく同じステップは、今年こそは!の気迫も感じさせます。

対抗は③アイアンムスメ

個人的にも大注目のヴァンセンヌ産駒。今年の3歳世代から高知2冠馬ハルノインパクトと佐賀2冠トゥルスウィーが出ました。JRAでも勝ち星を挙げているように、とにかく3歳世代は粒揃い。競馬って不思議なもので周りが走ると走ってくるという流れがあるんですよね。

ミスターほとんどパーフェクトとキングシャークの◎○は少し前の佐賀競馬と言った感じですが、その長期に渡るパワーバランスを見事にぶち壊したのが飛田騎手。なので▲は当然②イロエンピツですね。今年はすでに84勝。来年にはガチンコのリーディングでしょうね。

時計面で言えば⑪テイエムチューハイも速い(28秒1)ですが、2017年の霧島賞でマークしたものですから、今とは話が違います。今日は追走に苦しむ気がします。

馬券は①-③②番。これしかないかなと思いますが、差し3着なら⑧ネイバーアイランドも可能性はあるかもしれません。関東オークス5着馬。3連複①②③⑧番BOX計4点でもマイナスはなさそうかな。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク