【MRO金賞2021予想】遠征馬を買えば大丈夫

スポンサーリンク

おつかレオン・リー。

金沢競馬で行われる「MRO金賞」の予想もさらっと。

昨年は地元フジヤマブシの豪脚一閃となりましたが、2着は東海所属のニュータウンガール。2019年(園田-笠松-園田)2018年(笠松-名古屋-園田)と、とにかく遠征馬が強い傾向で、まず軸は遠征馬となります。

今年は園田④シェナキング、名古屋⑨スプリングメドウの2頭が遠征馬。前者は1冠目の菊水賞を制して、ダービー2着。後者はまだタイトルこそありませんが、駿蹄賞・ダービーとも3着の実力馬。このレースを勝てる力は十分あります。なら馬券はこの2頭から組み立てるべき。

◎は④シェナキング

ダービー4着は勝ちに等しい2着。追ってしぶといベルシャザール産駒で、距離が延びるのも好都合。鬼神吉村騎手の豪快なアクションに応えて差し切ってくれるでしょう。

相手は⑨スプリングメドウ

東海地区もこのレースずっと連対していますし、岡部騎手の遠征はやる気とみていいですよね。ニュータウンガールもそうだったし。シェナキングよりも前で運べる強みはありますから、粘り込みの可能性も残しておきたいですね。

▲は地元大将格の⑧アイバンホーになりますが、この組み合わせは1番人気。3連複300円台ですから、この組み合わせを買おうと思えば1点突破しかないですよね。

じゃあえて嫌えばどれを?と言う方には、②ネイバーアイランド。佐賀所属からの名古屋遠征、そして金沢所属から川崎遠征とタフなローテーですが、前走の関東オークス5着はなかなかのもん。結果的に終い一本の競馬で着取りのような形になりましたが、ウワサノシブコ、リフレイムを交しているわけですからね。シェナキングと同じベルシャザール産駒で息の長い末脚がウリ。ベルシャ馬券も押さえないといけません。

3連複②④⑨番(④⑧⑨もガミにならなければ)
ワイド②-④番

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク