【マーキュリーカップ2021予想】

おつかれさまデストラーデ。

今日は盛岡でマーキュリーカップが行われますね。盛岡は未踏の地なので、いつか行ってみたいですね。カワイイUMAJOさんと。

さて盛岡と言えば、やはりメイセイオペラなわけですが、あんな馬はおそらくもう出てないですよね。今年もJRA勢上位独占でしょう。なので問題は買い方。

◎③バンクオブクラウズは安定した先行力を武器に、名古屋大賞典2着の実績。勝ったのがクリンチャーでは納得の2着であり、このメンツなら能力上位。前走は出足がつかずプラン通りの競馬とはいかなった印象ですが、それでも一旦抜け出しての2着。ペースも踏まえれば、勝ったハヤヤッコよりも強い競馬をしていたと思います。

今日も出たなりとなりそうですが、それほどスタートが悪いタイプでもないと思うので、今日はポンと出てハナか番手。その形ならもう連対圏は間違いありません。不動の軸。

○は⑨ヒストリーメイカー。体重変動が激しかった馬ですが、ここ2戦は528~530キロと安定。7歳馬ですが、体質面が強化された印象で盛岡への長距離輸送でも大丈夫と判断。前走の勝ち馬は帝王賞まで射止めたテーオーケインズですから、これは仕方なし。ここなら。

▲が⑦ラストマン。3勝クラスを勝ち上がって前走オープン7着。格下感は否めませんが、他馬にはない上昇度が魅力。父ゴールドアリュール×母父トワイニングなら、地方馬場で覚醒の予感もありますし、鞍上も売出し中の菅原明騎手。新風を差し込む場面があっても。

マスターフェンサーは、休養前とは別馬かと思える前2走。そして今回は58キロ。ジャスタウェイ産駒はヴェロックスもそうですが、勢いに乗っている時はいいんですが、一度落ち込むと再浮上が難しい傾向。この馬もその可能性がありますから、人気なら蹴るという手もアリかと思います。

③⑦⑨箱買いでまず当たる気がシュル。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク