【東北優駿(岩手ダービー)2021予想】距離延長で逆転!!

おつかれさまです。

どうしても仕留めたかった、いや、仕留めなくてはいけなかった兵庫ダービーで、ついに◎馬券内記録が途絶えてしまいました。

でも◎サラコナンは積極的な立ち回りを見せてくれましたから、現時点では力不足、もしくは距離が合わなかったのかもしれませんね。満足のできる競馬はしてくれたと思います。

さてここからズルズルと落ちて行かないためにも、ここでもう一度マンをキュっと締め直して、東北優駿・岩手ダービーです!!

普段あまり見ることがない競馬場ですから、はっきり言って自信はありません。ハナクソみたいな予想になることは間違いありませんから、テキトーに扱ってやってくださいw

人気は⑥リュウノシンゲン。昨年度の2歳最優秀馬で、ここまで〔9-0-2-0〕。年が明けてからも、金杯→スプリングカップ→ダイヤモンドカップと3連勝。はっきり言って無双状態です。

しかし今回は2000m。全馬初距離ですから条件は同じ、それなら力差で克服可能と見ることもできますが、やっぱりこの馬に2000mは引っ掛かる部分が多すぎるんですよね。

父グランプリボスは、石川ダービー馬を輩出していますし、サクラバクシンオーが中長距離血統。ですから距離を克服しても何もおかしくはありません。しかし問題は母系の方。母ランブルジャンヌはシーキングザゴールド直仔ムタクディムを父に持ち、母父がストームキャット。自身もダ1000~1200mで3勝を挙げたスピード馬でした。

シンゲンも前進気勢がかなり強い印象で、前走のダイヤモンドカップでも結構行きたがる感じがありました。前有利の馬場と能力差で押し切れましたが、最後は余力があったとも思えません。ここで来たら諦めるだけ。2000mは間違いなくマイナスになるとみています。

なので本命は距離延長を味方にできる馬ということで、②サンエイマジック

父がホッコータルマエですから、スピードよりもスタミナ型。現にダイヤモンドカップ、サクラコマチ賞は道中いち早く手が動いて追い上げるという、いかにも距離不足を感じさせるレース振りでした。もう少し溜める競馬なら最後のひと脚に繋げることができるはずで、インでじっくり末脚温存のここは、最後の直線で前を行くリュウノシンゲンを討ち取ってくれるはずです。

対抗は⑥リュウノシンゲン、▲が⑦ロブストフィジークとかになるのかな。でもよく知らないので、馬券は②サンエイマジックの単勝。もしくは馬単②→⑥番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク