【さきたま杯2021予想】1頭は地方所属馬がぐいぐいと

おつかれさまです。

バタバタになりますが、ささっといきます。さきっちょきんたまさきたま杯。

交流重賞=中央馬と思われがちですが、それは1800m以上での話で、マイル以下なら地方馬も互角に渡り合うことが可能です。

現にこのさきたま杯は、毎年地方馬が1~2頭が馬券内に入っていて、昨年は2着ブルドッグボス、3着ノブワイルドが浦和所属馬。その前は3着に船橋キタサンミカヅキ。その他をみても、ナイキマドリード、トキノエクセレント、リアライズリンクス、ソルテ、アンサンブルライフなどなど・・・。とにかくJRA勢が上位独占!ということには、なりにくいという傾向が出ているのです。

なら今年も地方馬がグイグイと食い込むと見て、⑧ベストマッチョに期待。

3走前の兵庫ゴールドトロフィーでは、サクセスエナジー、ラプタスに割って入る2着と好走。JRA勢が相手でも遜色ない力を見せましたし、やはり川崎へ移籍してきてミッドウェイ調整馬になったことが好走因とも言えるでしょう。

初日からタフな馬場と思えた浦和も、昨日の後半あたりから徐々に軽さを増して逃げ~先行馬が有利になってきました。少し軽めのダートが合う血統でもありますし、この馬場変化はこの馬にとっては何よりの追い風。

相手は②エアスピネル、④ワイドファラオ、①アルクトス。3着候補に⑨ノボバカラ、③ハイランドピーク、⑤トロヴァオ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク